ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成22年度針刺し・切創等公務災害防止研修会について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

    医療現場における針刺し・切創事故は繰り返し発生しており,その発生件数は公務災害全体の1割以上平成21年度実績53件,公務災害全体の11.7%)を占めています。
  これらの針刺し・切創事故の防止や医療安全の向上を図るため,次のとおり「針刺し・切創等公務災害防止研修会」を開催しました。

1 日時

 平成23年2月2日(水曜日) 9時30分~16時30分

2 会場

 広島県福山庁舎第3庁舎8階381・382会議室(福山市三吉町1-1-1)

3 対象者

 県内の公立病院の安全管理者(看護師長,リスクマネージャー等)及びその他医療関係者

4 講師

 中央労働災害防止協会中国四国安全衛生サービスセンター 指導員

5 内容

  • 開会・チーム編成
  • ビデオ「危険予知のめざすもの」
  • 実技「指差し呼称・指差し唱和・T&C」
  • 講義「医療安全のための危険予知活動」,「安全な作業への職場への取り組み方」
  • 実技「健康KY」
  • ビデオ・実技「KYT基礎4R法」,発表・コメント
  • 実技「インシデントレポートKYT」,発表・コメント
  • 閉会

6 研修風景

針刺し・切創等公務災害防止研修会 演習 写真

 

 

 

 

 

 

演習

針刺し・切創等公務災害防止研修会  指差し唱和 写真

 

 

 

 

 

 

指差し唱和

針刺し・切創等公務災害防止研修会  KYT基礎4R法発表 写真

 

 

 

 

 

 

KYT基礎4R法発表

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする