ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

後発医薬品採用リスト

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新

 後発医薬品の使用促進のための事業の一環として,県内の基幹病院において使用されている後発医薬品の品目リストを取りまとめました。

 このリストは,広島県内の各病院が採用している後発医薬品の平成26年度1年間の購入実績を提供していただき取りまとめたもので,内用薬,注射薬,外用薬の別に作成しています。

 県内の医療機関又は薬局において後発医薬品を採用する際の参考にしてください。

※ リストは,全体版(購入実績の合計数量)と各病院の購入実績版(リスト1,リスト2)の3部構成です。
※ 数量は,平成26年4月から平成27年3月までの1年間の各病院の購入実績です。
※ 各リストの合計は,18病院の合計数量です。
※ リスト1及びリスト2の小計は,それぞれのリストに収載の病院の合計数量です。 

【全体版】
18病院が平成26年度中に購入した後発医薬品とその購入実績の合計数量です。

平成26年度後発医薬品採用リスト(全体版) (PDFファイル)(1.1MB)

【リスト1】
次の9病院について収載しています。(合計は,18病院の合計,小計は9病院の合計)
広島市立広島市民病院,広島赤十字・原爆病院,広島大学病院,県立広島病院,JA吉田総合病院,JA廣島総合病院,国立病院機構広島西医療センター,国立病院機構呉医療センター,労働者健康福祉機構中国労災病院

平成26年度後発医薬品採用リスト(リスト1) (PDFファイル)(1.81MB)

【リスト2】
次の9病院について収載しています。(合計は,18病院の合計,小計は9病院の合計)
国家公務員共済組合連合会呉共済病院,国立病院機構東広島医療センター,国立病院機構賀茂精神医療センター,尾道市立市民病院,JA尾道総合病院,国立病院機構福山医療センター,公立学校共済組合中国中央病院,市立三次中央病院,福山市民病院

平成26年度後発医薬品採用リスト(リスト2) (PDFファイル)(1.79MB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。