ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

未来へつなげ命の環!広島プラン~生物多様性広島戦略~を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

 生物多様性基本法(平成20年6月制定)第13条に基づき,広島県では,広島県生物多様性地域戦略策定検討委員会を設置し,県内の生物多様性の保全を図り,総合的な施策を盛り込んだ,「未来へつなげ命の環!広島プラン~生物多様性広島戦略~」を策定しました。

 本戦略は,「第3次広島県環境基本計画」を上位計画とし,その基本理念である「環境にやさしい広島づくりと次代への継承」を実現するための5つの施策の1つである「生物多様性の保全」を推進する個別計画として位置づけられます。

1 生物多様性とは 

 生物多様性とは,生きものの「つながり」と「個性」のことです。
「つながり」とは,食物連鎖や共生関係,寄生関係,生態系のつながりなど,生きもの同士のつながりや世代を超えた命のつながりのことをいいます。
 また「個性」とは,さまざまな種があること,同じ種であっても個体それぞれが少しずつ違うことや,それぞれの地域に特有の生態系があることをいいます。
 「つながり」と「個性」は,長い進化の歴史により創り上げられてきたものであり,一度失われると再生できないものが多くあります。こうした側面を持つ「生物多様性」がさまざまな恵みを通して地球上の命と暮らしを支えています。

2 戦略の基本理念

  『生物多様性がもたらす,豊かな恵みを将来の世代に継承できる人間と自然が共生する社会の実現』

 ⇒県民一人ひとりが生物多様性の重要性とその恵みを認識し,生物多様性に配慮したライフスタイルが社会に定着しており,生物多様性を地域資源として将来の世代に継承できる人間の社会経済活動と自然環境が調和する魅力あふれる地域社会が構築されることを目指します。

 3 行動計画の進行管理

 本計画の基本理念を実現するための目標達成に向け,戦略ごとに指標項目を設定し,5年ごとに指標値により達成度を評価し,その結果に基づき,行動計画や戦略を見直します。

 4  生物多様性ワークショップ(報告)  

  広島県生物多様性地域戦略の策定に向けて地域で活動をされている皆様のご意見を反映するため,平成24年8月4日・5日・10日の3日間,県内3箇所でワークショップを開催しました。

 各会場の様子や内容はこちらから⇒生物多様性ワークショップの報告

 5 パブリックコメント結果 

  本戦略の策定に当たりましては,平成25年1月21日から平成25年2月4日まで「広島県生物多様性地域戦略(仮称)」(案)に対するパブリックコメントを実施し,その結果8名・1団体・26件のご意見を頂きました。
 貴重なご意見ありがとうございました。
 今回寄せられたご意見とこれに対する県の考え方を公表します。
 県民の皆さんから寄せられたご意見は,生物多様性広島戦略の策定の参考とさせていただいたほか,今後行動計画に沿って施策を進めていく上で,参考にさせていただきます。

パブリックコメントに寄せられたご意見とそれに対する県の考え方  (Wordファイル)(138KB)

 6 未来へつなげ命の環!広島プラン~生物多様性広島戦略~ 

戦略のダウンロードは,こちらから↓↓ 多様性

表紙・目次 (PDFファイル)(46KB)
第1章 戦略の策定にあたって(PDFファイル)(125KB)
第2章 生物多様性を取り巻く現状と課題 (PDFファイル)(4.67MB)

第3章 基本理念と目標 (PDFファイル)(37KB)
第4章 行動計画 (PDFファイル)(257KB)
第5章 行動計画の推進(PDFファイル)(71KB)
資料編 (PDFファイル)(54KB)
全編一括ダウンロード (PDFファイル)(5.11MB) 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。