ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 県政情報・財政・統計 > 議会・委員会 > 選挙管理委員会 > 選挙管理委員会 > 投票制度について(期日前投票,不在者投票,在外投票)

投票制度について(期日前投票,不在者投票,在外投票)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月23日更新

 投票制度について 総務省ホームページ

 進学や就職などで引っ越しをされた方の手続き(住民票の異動や不在者投票)について 周知用チラシ

期日前投票

 投票日前であっても,投票日に仕事や旅行,レジャーなどの予定がある人は,投票日と同じ方法で投票することができます(つまり,投票用紙を直接投票箱に入れることができます)。

不在者投票

 選挙期間中に仕事等で遠方に出かけている人は,滞在先の市区町村選挙管理委員会において不在者投票をすることができます。 

 また,県選挙管理委員会が指定する病院や老人ホーム等に入院・入居されている人は,その施設内で不在者投票をすることができます。

 不在者投票施設一覧

 指定病院等における不在者投票・各種様式(第48回衆議院議員総選挙・広島県知事選挙)

在外投票

 国政選挙では,仕事や留学などで海外に住んでいる人は,在外投票をすることができます。 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。