ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 求人・採用試験情報 > 総務部門・警察署会計課

総務部門・警察署会計課

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月21日更新
警察署会計課

―警察官の方ですか?

いえ,違います。私は,警察官ではなく,警察事務職員です。

―警察事務職員とはどのような仕事をするのですか?

警察事務職員は,警察署の会計や落し物業務,総・警務部門の業務の他,事件事故の統計や分析,運転免許業務,システム開発,鑑定など様々な分野で警察活動を支えています。

―今の仕事を教えてください。

警察署の会計課で勤務し,警察活動に必要な物品の購入・管理等を行う物品事務と遺失物事務を担当しています。

―物品事務というのはどのような仕事なんですか?

物品事務は,限られた予算の中で有効的・経済的な物品を購入し管理することにより,警察活動が円滑に行えるよう,日々工夫しながら業務を行っています。

―では,遺失物事務というのはどんなことをしているんですか?

遺失物事務は,窓口において落とし物の受理をしたり返還の手続きを行っています。

―どんなときにやりがいを感じますか?

直接県民の方と接する業務であるため,落とし物を持ち主へ返還した際には,感謝の言葉をかけていただくこともあり,いずれの業務も,実際に自分のやっている業務が誰かのためになっているんだと実感することができ,やりがいを感じます。

―なぜ警察事務職員を目指したのですか?

県民の安全・安心を守る警察という職業に興味を持ち,警察の仕事を調べているうちに,警察官をサポートする警察事務という職業があるということがわかり,警察事務を志望しました。

―最後に,警察職員を志す人へメッセージをお願いします。

警察職員は,あらゆる場面で警察活動を支える仕事を行っています。治安を守る警察活動をサポートするというのは,とても責任感のある仕事であり,やりがいのある仕事です。
直接,事件や事故の現場に出動するということはありませんが,安全・安心な広島県を作りたいという思いは,警察官と同様です!
さまざまな形で警察活動に貢献できます。ぜひ,一緒に安全・安心な広島県を作りましょう!

会計2会計1 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。