ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 求人・採用試験情報 > 生活安全部門・サイバー犯罪対策課

生活安全部門・サイバー犯罪対策課

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月21日更新
サイバー犯罪対策課
―現在の業務内容について教えて下さい。
警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課解析係の係員として勤務しています。
業務の内容は,県下で発生する事件や事故に関係するパソコンやスマートフォンなどを解析し,取り調べや公判の証拠となる情報の収集等を行っています。また,犯行現場などの捜索現場に臨場してパソコン等の解析も行っています。様々な事案に対応するため,解析手法の研究や各種法令の研鑽など日々の勉強が不可欠ですが,解析によって事件の成否が左右されることがあるので重要な仕事と考えています。

―警察官を志した理由を教えて下さい。
私は就職先を決める上で,人の役に立てるやりがいのある仕事がしたいと思いました。それで,小さい頃からの憧れでもあった警察官を志望しました。責任も大きいですが,県民の安全安心を守るという使命にとてもやりがいを感じています。

―警察官になってよかったと思うことを教えて下さい。
警察官になったばかりの交番勤務では,落とし物を持ち主に届けたときに言われた「ありがとうございます」という言葉が心に残っています。
また,警察署の刑事課で勤務していたときには,心を開いてくれた犯人が何十年も連絡をしていない母親がいると話してくれ,事件後,犯人を迎えに来た母親と再会したときの犯人の表情は今でも忘れられません。警察官は「被害者」や「犯人」など様々な立場の人と係わるのですが,被害者の無念を晴らすのも犯人を更正させるのも警察官の役目のひとつであり,その役目を担えるこの仕事に誇りを感じています。
 
―休日の過ごし方を教えて下さい。
趣味であるバイクツーリングをしています。時間があれば九州方面まで足を伸ばすこともあります。
 
―警察官を志す人へメッセージをお願いします。
警察の仕事は幅広く,様々な業務があります。どの仕事にもやりがいを感じる場面が必ずあります。希望する部署に必ずしも配属されるわけではありませんが,熱意を持って仕事に打ち込んでいれば評価してくれる職場です。
警察官になって刑事になりたい,白バイに乗りたい,サイバー犯罪を撲滅したい等既に目標を持っている方,具体的な目標はまだ見つかっていないけど,人の役に立つ仕事に就きたいと思っているような方は,是非,広島県警察の警察官になって下さい。
サイバー

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。