ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 求人・採用試験情報 > 刑事部門・機動捜査隊

刑事部門・機動捜査隊

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月1日更新
機動捜査隊
―現在の仕事内容を教えて下さい。
ペアを組んで覆面パトカーに乗り,殺人,強盗等の凶悪事件や性犯罪事件の発生現場に臨場し,犯人の捜索や逮捕,被害者や目撃者の確保と事情聴取,聞き込み等の捜査をする仕事をしています。
その他に,性犯罪事件など女性が被害の現場では,被害者の女性から事情聴取や鑑識活動など女性にしかできない仕事もあります。
刑事の仕事は,休日がなくなったり,徹夜で仕事をしないといけないときもあり,時にくじけそうになることもありますが,犯人を捕まえた時,被害者の方から感謝された時はとてもやりがいを感じます。
 
―警察官になってよかったと思うことを教えてください。
女性や子どもに関わる事件の対応をした時に「女性警察官がそばにいてくれたら心強い」と言っていただけることが多くあります。
不安を抱いている方の緊張をほぐす事が出来るのは,強さと優しさ,そして親しみやすさを兼ね備えた女性警察官ならではの特性だと思っています。
そういった強みを生かして,少しでも警察官に親しみを持ってもらえればと思い日々の業務に励んでいます。
そんな中,対応した被害者や市民の方に「刑事さんに出会えてよかった」とか「私も警察官になる」と言ってもらえた時に,徹夜で仕事をして疲れていても,失敗をして落ち込んでいても,この言葉を聞いただけで「警察官になってよかった。」「また頑張ろう。」と思えます。
―警察官を志したきっかけはなんですか?
私が一般企業で働いていた時,とても優しくて正義感にあふれる警察官に出会ったことがきっかけでした。
それまでは,警察官は怖いイメージしかなく遠い存在だったのですが,実際に話してみると,とても親身になって対応してくれ,警察に対するイメージが変わりました。その後,その警察官と接するごとに私も警察で働いてみたいと思うようになりました。
 
―休日は何をして過ごしていますか?
友人とカフェでお茶をしたり,スイーツ店巡りをしています。また,身体を鍛えるため筋トレを毎日しています。
 
―警察官を目指す人へメッセージをお願いします。
女性も男性と同じ訓練をしなければならないですし,時には,凶悪犯人と対峙しなければならない場面もあって,体力面等不安に思っている方は多いと思います。
私は体力に自信があるわけではないし,剣道,柔道もやったことがなく,警察官になる前は不安ばかり抱いていました。でも,やる気と県民の方の役に立ちたいという強い思いがあれば,女性の方でも絶対に大丈夫です。
様々な人との出会いがあり,自分自身もとても成長できる,こんなにやりがいのある仕事は他にないと思っています。
ぜひ,県民の安全安心を守るために一緒に働きましょう。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。