ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

警備部門・機動隊

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月21日更新
機動隊
―機動隊ではどんな仕事をしているのですか?
警備部機動隊には,様々な特殊事案に対応するための機能別部隊があります。山岳等高所での捜索救助を行うレンジャー部隊,水難事故等水中での捜索救助を行う潜水部隊,不審物件等の処理に対応するNBC対策特殊部隊や爆発物処理隊,大規模災害時に県内外を問わず出動する広域緊急援助隊,銃器を使用した事件等に対応する銃器対策部隊等があります。機動隊の業務は,交番や警察署とは違い,特殊かつより専門的な技術を必要とし,危険な現場での活動が多いですが,任務をやり遂げたり,被災者を救助できたときは言葉では言い表せない達成感や感動を味わうことができます。
―警察官になって印象に残っていることを教えて下さい
最近では,平成26年8月に大きな被害を出した広島土砂災害での活動が最も記憶に残っており,その中でも倒壊家屋内における救出やヘリコプターによるホイスト救助などの救助活動が忘れられません。また新設された航空レスキュー隊では,ヘリコプターに搭乗し遭難者を発見救助することもできました。このように,機動隊の機能別部隊にしかできない活動を通じて他の警察官とは違った形で県民に貢献できることは,自分にとって警察官になってよかったと思える一面です。
 
―警察官を志したきっかけを教えて下さい。
私は幼少の頃から剣道を始めましたが,その時の指導員が地元の駐在所の警察官でした。私は剣道を通じて地域に貢献している警察官の姿を見て,私も社会に貢献したいと思い警察官を志しました。
 
―休日の過ごし方を教えて下さい。
仕事が忙しい時には家族との時間がなかなかとれないこともありますので,休日はできる限り家族サービスをするよう心掛けています。
 
―警察官を志す人へメッセージをお願いします。
機動隊の仕事は交番や警察署とは少し違った活動をする特殊な部門であり,特に機動隊が出動する事案は大規模かつ非常に危険と隣り合わせの現場が多いものです。しかし私たち機動隊員は,日々訓練を重ねていき,心身を鍛錬するとともに,技術とチームワークを培うことで,いかなる危機に際しても任務をやり遂げます。また機動隊は,第二の家族のような職場であり,隊員一丸となって困難に立ち向かう精強な部隊でもあります。是非機動隊を志望して頂き,広島県の安全と安心を私たちとともに築いていきましょう。
 
 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。