ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

奈良・平安時代(短甲)

短甲

 この短甲は三角板革綴短甲(さんかくいたかわつづりたんこう)と呼ばれるもので,福山市神辺町道上の亀山第1号古墳から出土しました。
 この古墳は,神辺平野の北側の独立丘陵上にある径28mの円墳です。
 埋葬施設は粘土槨で,この中から多量の鉄器・石製品・玉類・竪櫛などが出土しました。

短甲

短 甲
(福山市 亀山第1号古墳出土)
広島県立埋蔵文化財センター蔵