ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

古墳時代

古墳時代―古墳文化の誕生―今から1,700年前~1,400年前

 古墳時代になると,各地のクニはさらに有力な豪族によってまとめられていきました。
 なかでも,大和(奈良県)を中心とする豪族たちは,もっとも大きな力をもち,各地のクニと同盟を結び,国家(畿内政権)を成立しました。
 豪族は土を高く盛り上げた大きな墓(古墳)を造ることによって,自分たちの富と力を示しました。後になると,古墳はさらに多くの人々が造るようになりました。

画文帯神獣鏡(複製)

画文帯神獣鏡(複製)
(三次市 酒屋高塚古墳)
原資料 京都大学総合博物館蔵


展示構成

  • 古墳文化の誕生
  • 古墳の構造と副葬品
  • 前期古墳
  • 中期古墳
  • 後期古墳
  • 霊をはこぶ動物-鳥
  • 鉄と古墳
  • くらしと生産
  • 土師器と須恵器

主な展示資料

  • 緑岩古墳出土の馬形埴輪・円筒埴輪
  • 池の内第2号古墳出土の家形埴輪
  • 石塚第2号古墳出土の鳥付装飾須恵器
  • 亀山第1号古墳出土の短甲・鉄剣・筒形銅器
  • 潮崎山古墳出土の三角縁神獣鏡(複製)
  • 酒屋高塚古墳出土の画文帯神獣鏡(複製)など