ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > みよし風土記の丘・みよし風土記の丘ミュージアム > 29年度 春の展示会 ひろしま 遺跡再発見!

29年度 春の展示会 ひろしま 遺跡再発見!

春の展示会 ひろしま 遺跡再発見!‐広島大学考古学研究室の歩みとともに‐

 29春の展示会チラシ表29春の展示会チラシ裏
 広島大学考古学研修室は,昭和40年(1965)の開設以来,縄文時代を主とした岩陰・洞窟遺跡が集中する帝釈峡遺跡群,弥生時代の年代の指標となる土器が出土した中山貝塚・塩町遺跡,県内最大の前方後円墳である三ツ城古墳など,広島県だけでなく日本の歴史を知るうえで欠かせない重要な遺跡の調査研究を行い,本県の考古学研究をリードしてきました。また,江戸時代までの重要産業であった鉄生産についても,全国有数の研究成果と資料を有しています。
 本展では,広島大学考古学研究室がこれまでに発掘調査を行った重要遺跡等の貴重な出土資料を中心に,当館所蔵資料もあわせて本県の歴史・文化の特色を紹介します。

展示期間等

展示期間4月21日(金)~6月11日(日)
開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日月曜日(ただし5月1日は開館)
入館料

一般 200円(160円) 大学生 150円(120円) 高校生まで無料
※( )は20名以上の団体料金

特別協力

 広島大学大学院文学研究科考古学研究室

関連行事

記念講演会

記念講演会1(文化財講座1)「広島大学と広島の考古学」

 広島大学考古学研究室の活動の歴史をとおして,広島県の考古学とその歩みを御講演いただきます。

講 師古瀬 清秀さん(広島大学名誉教授)
日 時4月22日(土)14:00~16:00
場 所みよし風土記の丘ミュージアム 研修室
その他

当日受付。聴講無料。展示の観覧には入館料が必要です。

 

記念講演会2(文化財講座2)「ひろしまの考古学を彩る人々」

29-2文化財講座チラシ
 
 三次盆地は,日本有数の古墳の宝庫で,また多くの考古学者を育てた地でもあります。なかでも,豊 元國さんや松崎壽和さんは,三次尚史会と信頼のきずなで結ばれていました。三者の埋もれた足跡と交流を掘り起こしながら、市民のための考古学とは何かについて考えます。

講 師後藤 研一さん(広島修道大学非常勤講師)
日 時5月20日(土)14:00~16:00
場 所みよし風土記の丘ミュージアム 研修室
その他

展示解説会

解 説当館職員
日 時4月30日(日)・5月28日(日)いずれも14:00~15:00
場 所みよし風土記の丘ミュージアム 企画展示室
その他

企画展の入館料が必要です。
一般 200円(160円) 大学生 150円(120円) 高校生まで無料
※( )は20名以上の団体料金

関連イベント

国際博物館の日記念行事 ふどきの丘 春まつり「昔・むかしの体験イベント大集合!」 

 いろいろな歴史体験イベントが大集合します。

日 時5月14日(日)10:00~15:00
場 所広島県立みよし風土記の丘・みよし風土記の丘ミュージアム
その他