ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 広島県職員採用試験情報 > 先輩職員インタビュー【建築】

先輩職員インタビュー【建築】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月16日更新

建築 

【主な職務内容】
建築物は,多様な技術の結集と様々な人々の期待を受けて作られるもので,魅力ある地域環境を形作るものです。建築職は,専門知識を活かし,安全・安心で魅力ある建築物の創造に向けて建築に係る許認可や,住宅施策の企画立案,建物の設計監理等に取り組んでいます。

【主な勤務先】
土木建築局等の各課及び建設事務所等

★広島県の総合土木職・建築職のやりがい・魅力を紹介したパンフレットを広島県建設技術協会が作成しています。
こちらのパンフレットもご覧ください。土木建築職員紹介パンフレット (PDFファイル)(5.69MB)

土木建築局

森田技師

土木建築局 営繕課(平成28年12月現在)
技師 森田 雄介

【配属歴】
平成28年4月~ 土木建築局営繕課 技師

県職員を志望した理由は何ですか?

建築に関して行政の立場から幅広く関わりたいと思ったのが公務員を目指した理由です。
また,広島県は山,海,町そして歴史が融合した素晴らしい都市であり,その広島県に住みたいと思い広島県を志望しました。

現在の担当業務のやりがいや,業務上心掛けていることを教えて下さい。

現在,主に庁内の修繕業務や植栽管理,公舎の維持に関わる業務に携わっています。
広島県庁は今年で竣工60年を迎えた,公共建築100選にも選ばれている歴史のある建築物です。
そのため,竣工時の外観や内装の歴史のことを考えながら修繕業務に取りくむように心がけています。
非常に緊張感のある仕事ですが,広島県庁を訪れた人が「広島県庁の建物ってきれいだよね」と話しているのを聞くと本当に嬉しく,やりがいのある仕事であると感じています。

県職員を目指す方へのアドバイス

県職員の業務は非常に多岐にわたり,様々な業務を経験したい方には非常にオススメだと思います。

ぜひ一緒に美しい広島の街づくりに携わってみませんか?


中谷事業調整員

土木建築局 西部建設事務所 建築課(平成28年12月現在)
事業調整員 中谷 朋子

【配属歴】
平成12年4月~ 呉地域事務所建設局建設課 技師
平成15年4月~ 都市部都市事業局住宅室 技師
平成20年4月~ 総務局財務部営繕課 主任
平成23年4月~ 土木局建築課 主任
平成27年4月~ 西部建設事務所建築課 事業調整員

現在の担当業務のやりがい,業務上心掛けていることを教えてください。

建築基準法に関する許認可事務を主にやっています。
建築物の最低限の安全安心を守る役割を担っています。
学生時代は,法律は苦手でしたが,今では,朝,子供を怒ってイライラしていても,仕事に来て,法令集を片手に,図面や構造計算書を見ると心が休まるぐらいに成長しました(笑)。
建物の所有者や設計者の方々と話をする機会が多く,勉強になりますし,広島県として何をすべきか考え,その理解が得られるよう工夫して仕事をしています。

1日のスケジュールはどうなっていますか?

ある1日のスケジュールを紹介します。

5:00起床,自由時間
6:00朝食・夕食準備その他家事
7:30子供の見送り,通勤
8:30出勤,確認申請書類の審査
10:00設計事務所の事前相談の応対
12:00昼食
13:00大竹市で住宅の完了検査,現地調査
16:30書類の整理
17:30退庁
18:30帰宅
19:00夕食・団らん
20:00子供の宿題チェック
21:30就寝

仕事と家庭の両立について教えてください。

出産休暇や育児休業を経て,子供を保育園に入れてからは,子供が病気の時,参観日,習い事の送迎,PTAの会合など,休暇制度を活用しています。
周りの子育て職員と愚痴を言い合いながらも,楽しく子育てと仕事を両立しています。

県職員を目指す方へのメッセージ

広島県には,女性が子育てをしながらも,やりがいをもって働ける場所があります。
広島県の建築の仕事は,幅広く,知識や技術への探究心とチャレンジ精神があれば,必ずおもしろい仕事に出会えると思います。


kentiku

土木建築局 営繕課(平成27年3月時点)
技師 木村 雄祐

【配属歴】
平成22年4月~ 東部建設事務所建築課 技師
平成24年4月~ 土木建築局営繕課 技師

現在の担当職務と職場の雰囲気は?

営繕課では県内の公共建築物を建築・改修するための設計・工事監理を行っています。その中でも私は県内99校もある県立学校の耐震化や施設環境の整備に関する業務を担当しています。

営繕課には若手職員も多いため,明るく活気が溢れ,気軽に相談しやすい雰囲気があります。

県職員を志望した理由は?

自分が生まれ育った広島県に少しでも役に立ちたいという思いがあり,建築として魅力のある建物を広島県に残し,多くの方が観光してみたい,暮らしてみたいと思える地域にしたいと考え,広島県を志望しました。

どういったところにやりがいを感じますか?

教育・文化・スポーツ・福祉施設などの様々な用途の建築物を設計から竣工まで携わることができ,また,その建築物が県民の生活に密接に関係しているので,より良い環境の整備の一躍を担うことができ,やりがいを感じています。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。