ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 頼山陽史跡資料館 > 「押形」の製作実演と講習会

「押形」の製作実演と講習会

「押形」の製作実演と講習会 平成29年7月23日(土) 主催:三慶会
現代刀の展示に関連し,三慶会が呼び掛けた講習会を拝見しました。
「おしがた」の漢字表記で正しいのはどれですか,と講師にたずねますと「押形」が正統でしょうというお答えをいただきました。約20人の参加者が熱心に取り組んでいました。
押形実演1 押形実演2
押形実演3 押形実演4
大辞林第三版によると,押形とは,「刀剣に紙をあて,上から墨でその形や茎(なかご)の文字を写し取り,刃文などを書き込んだもの」とあります。いわゆる拓本の世界に様々な分野があることを知りました。