ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 頼山陽史跡資料館 > 平成28年「頼家と広島の医学」

平成28年「頼家と広島の医学」

広島の医学チラシ1 

項  目

内 容

開催期間

10月14日(金)~12月4日(日)
開館時間午前9時半から午後5時まで(入館は午後4時半まで)
入館料金一般:300円,65歳以上:240円,小中高生:150円
主催頼山陽史跡資料館特別展実行委員会
協力機関広島漢方研究会・広島県立歴史博物館・広島大学医学部医学資料館・
早稲田大学図書館・薬王堂漢方薬局
趣旨 広島頼家伝来資料(杉ノ木資料)や,三代(春風・小園・来洲)に割って医師として地域医療に尽力した竹原春風館伝来の医学関係資料を中心とした展示です。
 江戸時代後期から幕末にかけての広島の医学史をたどるとともに,頼家の家庭生活から浮かび上がってくる江戸時代の医療の実際を紹介し,当時の人々が病とどう向き合っていたかに迫っていきます。
関連行事◇展示解説会
10月29日(土)・ 11月5日(土)・ 11月19日(土) いずれも午後1時半からです。
◇頼山陽文化講演会
1 日時:平成28年11月3日(祝)午後2時から3時半
2 会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ 6階マルチメディアスタジオ
3 主催:公益財団法人 頼山陽記念文化財団, 中国新聞社(申請中)
4 講演:広島県教育委員会(申請中),広島市教育委員会(申請中)
5 講師:松岡 尚則(東邦大学客員講師,公益財団法人研医会研究員)6 演題:「医師頼春風の足跡」
7 受講料:無料
8 参加申込み:(どなたでも参加できます。)
 (1)参加者定員 100名 
  (2)申込み方法:10月25日(日)までに,電話・ファックス・E-mail にて
 公益財団法人 頼山陽記念文化財団事務局 電話:082-542-7022, ファックス:082-542-0125,  E-mail :info@raisanyou.com