ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 事件・防犯 > 身近な犯罪対策

減らそう犯罪!「身近な犯罪って?」

「減らそう犯罪」

1.「身近な犯罪」ってなに?

県民の身近なところで発生し,しかも県民誰もが被害者になり得る犯罪を言います。

2.どのくらい発生しているの?

平成28年に,発生した刑法犯罪17,107件のうち,半数以上を占める8,871件が身近な犯罪でした

○ 身近な犯罪の種類

乗物盗

自転車盗


自動車盗,オートバイ盗,自転車盗

刑法犯の約26%
街頭犯罪自販機荒し
路上強盗,ひったくり,恐喝,車上ねらい,自動販売機ねらい,器物損壊
刑法犯の約16%
侵入強・窃盗住居侵入

侵入強盗,侵入窃盗,住居侵入
刑法犯の約9%
性犯罪強姦,強制わいせつ刑法犯の約 0.7%

3.どうしたら減らせるの?

犯罪者は,あなたのスキを探してチャンス(犯罪の機会)をうかがっています。
犯罪者にあわないためには,犯罪の機会を減らすこと,つまり

  1. 一人ひとりが犯罪にあわないように防犯意識を持つ
  2. 犯罪が起きにくい環境を整える
  3. 防犯グッズや防犯性能が高い物を使う

ことが大切です。


身近な犯罪
乗物盗
街頭犯罪
侵入強・窃盗
その他
統計資料