ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

サイバー犯罪相談件数

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月8日更新

サイバー犯罪検挙状況など

全国  警察庁サイバー犯罪関係統計リンク

サイバー犯罪相談件数

  サイバー犯罪相談件数

 年別件数  

サイバー犯罪に関する主な相談

偽サイト

  •  有名通販サイトを名乗ったり、運営会社が同じかのように装った偽サイトにおいて、お金を振り込んだが、商品が届かない、あるいは粗悪品だったという相談が急増しています。

→対策としては、ネット上で評判を検索する、日本語表記がおかしくないか、連絡先がメールのみの場合や住所・電話番号がほか人のものや実在しないものでないか、振込口座に不審な点(会社名と口座名義が全く違うなど)はないかなど、相手方をしっかり確かめたうえで、入金・入札することを心がけましょう。

詳しくはこちら→偽サイトの特徴と対策

ネットバンク不正送金

  •  コンピュータウイルスなどによりインターネットバンキング利用者のID,パスワードを盗み出し,正規利用権者になりすまして,不正にログインし,別の口座に送金するという犯罪が横行しています。新たな手口として、犯罪者がパソコンを乗っ取り、遠隔操作によって不正送金を行うというのも見られます。「電子証明書」や「ワンタイムパスワード」のみといった1方法だけでのセキュリティは通用しなくなってきています。

被害の実態と対策はこちら→ネットバンク不正送金(実態と対策)

btnそのほかの相談事例はこちらをクリック

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。