ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 免許・交通 > 自動車運転免許に関する業務 > 運転免許申請時の本人確認について

運転免許申請時の本人確認について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月19日更新

運転免許を申請される方へ(お知らせ!)

他人になりすまして,運転免許を不正に取得する事案が発生しています。
運転免許の不正取得を防止するため,受付の際に本人であることを確認するための書類の提示が必要です。


運転免許の申請に当たっては

  • 健康保険の被保険者証
  • 個人番号カード又は有効な住民基本台帳カード
  • 旅券
  • 外国人登録証明書又は,在留カード,特別永住者証明書
  • その他の書類で免許申請者が本人であることを確認するに足りるもの

のいずれかの提示がなければ,申請を受理できません。


注1  その他の書類には,官公庁が法令の規定により交付した免許証,許可証又は資格証明書等書類及び官公庁がその職員に対して発行した身分を証明するに足りる文書が含まれます。
注2  学生証,民間会社の社員証等の書類については,所要の調査により,本人であると確認された場合に申請を受理します。
 ※ 本人であることを確認できない場合は,申請を受理できません。
注3  免許を現に受けている方は,その「運転免許証」を提示していただきますが,この場合は上記書類は必要ありません。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。