ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

運転免許証の様式変更について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月15日更新

道路交通法施行規則の一部改正により,運転免許証の様式が変更となりました。

改正の趣旨

  プライバシー保護のためのICカード免許証の全国導入及び臓器移植法の一部改正により,運転免許証への臓器提供の意思表示が可能となったことから,運転免許証の様式が変更されました。

主な内容

  1. 本籍・国籍欄の削除運転免許証に記入されている本籍・国籍の欄はありません。
  2. 臓器提供の意思表示欄の設置 
    備考欄を縮小し,臓器提供の意思表示欄が設けられています。

変更となった運転免許証のイメージ

運転免許証の様式変更について

新しい様式の交付時期

 平成22年の秋以降,更新・再交付・新規取得等を通じて,順次新しい様式の運転免許証を交付しています。

その他

・ 様式改正前の運転免許証は,施行後も有効となる経過措置が設けられています。
・ 臓器提供の意思表示欄への記入は,あくまでも任意です。
・ (公社)日本臓器移植ネットワークが作成した,今までの意思表示カードやシールは,引き続き有効です。
・ 新しい意思表示カードやシールは,全国の都道府県庁や市区町役場,郵便局,運転免許センター,警察署,コンビニエンスストアなどに置いてあります。
・ 臓器提供に関するお問い合わせは,次のとおりです。
 〒108-0022 東京都港区海岸3-26-1バーク芝浦12階
 (公社)日本臓器移植ネットワーク
 Tel:0120-78-1069(平日 9:00~17:30)
 ホームページ http://www.jotnw.or.jp/ 


◎運転免許証の様式変更に対するお問い合わせは
広島県運転免許センター 代表電話 (082)228-0110  内線703-221・231
広島県東部運転免許センター 代表電話 (082)228-0110  内線704-212
または最寄りの警察署へ
平日(月~金,祭日を除く)午前9時から午後5時までの間にお願いします。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。