ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 免許・交通 > 自動車運転免許に関する業務 > 持参した免許用写真で運転免許証の作成を希望される方

持参した免許用写真で運転免許証の作成を希望される方

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月6日更新

  広島県運転免許センター並びに広島県東部運転免許センターで運転免許証を作成する場合,これまでは免許センター備え付けの専用カメラで直接撮影のうえ運転免許証を作成し即日交付しておりましたが,申請者ご本人が持参された免許用写真でも運転免許証を作成できるようになりました。
  ただし,次の写真の要件を満たすものに限ります。


持参した写真が使用できる場合

運転免許更新,運転免許試験(新規,併記免許,特定失効),再交付,外国免許切替

新しい運転免許証の交付

広島県運転免許センター・広島県東部運転免許センターともに即日交付です。
※ 申請者が多数の場合は,通常の直接撮影より交付時間が遅くなる場合があります。

交付場所

 広島県運転免許センター・広島県東部運転免許センターともに,手続きをした免許センターで直接交付となります。 

写真の要件

免許用写真の例

  • 大きさ 縦3cm,横2.4cm
    ※ 写真をカットする際は,頭の上を2~3ミリ空けてください。
  • 撮影時期
    申請日前6か月以内に撮影したもの
  • 撮影条件
    無帽,正面,
    上三分身(おおむね胸から上),
    無背景(単色のもの)

使用できない写真の例

  • 写真に汚れ,傷があるもの
  • パスポート用写真,プリクラ写真,スナップ写真を切り抜いたもの
  • 写真をデジタル処理などで修正したもの
  • デジカメ写真で色の落ちる印刷,粒子の粗い印刷,フォトペーパー以外で印刷したもの
  • 申請者と写真が著しく相違するもの
  • 眼鏡のレンズ色が濃く(サングラスなど),目(瞳)を確認できないもの
  • 眼鏡が光って目が見えないもの,装飾の強いカラーコンタクトレンズ使用のもの
  • 前髪が目にかかり,目(瞳)が隠れているもの
  • マスクなどで顔を覆っている,衣類などで顔が隠れているもの
  • 頭部に,バンダナ,ヘアバンド,大きな飾りなどついているもの
  • 背景と同化しているもの
  • 顔の大きさが大きすぎるもの(頭の上に空間がない,あごが切れているもの)
  • 顔の大きさが小さすぎるもの
  • 写真の鮮明度が悪く,申請者本人との識別ができないもの
  • 笑顔,目を閉じている,目を細めているもの
  • 陰影により顔が不鮮明なもの
  • 洋服が見えず,裸に見えてしまうのもの

以上のほか,妥当ではないと判断した写真

 

◎持参した写真による運転免許証作成に関するお問い合わせは
 広島県運転免許センター内免許係
 代表電話 (082)228-0110 
内線 703-228
 業務を行っている平日の午前8時30分から午後5時00分までの間にお願いします。 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。