ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 子供に対する前兆事案などの手口と注意点

子供に対する前兆事案などの手口と注意点

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月2日更新
 
■事案別

事案別の傾向

事案別グラフ

平成28年中の子供を対象とした声

け事案や性犯罪などは1009件です

★そのうち

声かけが 34.2%

つきまといが16.9%

です

 

■被害に遭いやすい時間帯は

時間帯別の傾向

時間帯グラフ

★午後2時から午後6時までの間で

7割以上(720件)です

 

★学校からの帰宅中に狙われること

多いです

 

■被害に遭いやすい場所は

場所別の傾向

場所グラフ

 

 

★どうろでの発生が6割以上(633件)

と最も多くなっています

■■

■声かけ

不審者は,子供に近づくためにやさしい言葉で声をかけてきます

内容は,子供を惑わす甘い言葉が多いですが,言葉どおりに受け取って心をゆるすのは危険です

子供の警戒心が弱まり距離が縮まると,接触してちかんや連れ去りに及んでくる場合があります

声かけ

どんな事を言ってくるの?

 声かけの内容は,

名前は,どこの学校,おうちはどこ(質問)

かわいいね(褒める)

お菓子を買ってあげる(誘惑する)

お母さんが急病だ(不安にする)

など様々です

女の子腕引っ張られ

どうやって防げばよいでしょうか?

1.知らない人から声をかけられたり,手招きされても絶対に近づかない

2.知らない人の車に乗らない

3.相手のことばを,すぐに信じない

4.できるだけ一人にならない。友達を一人にしない

■■

■つきまとい

★つきまといとは

 性犯罪を企む不審者は,スキをうかがいながら,徒歩や車で子供の後を追随する場合があります

 その後,人目がない場所へ連れ込んで,ちかんや公然わいせつに及んだり,自宅までついてくることがあります

女の子つきまとわれ

車にのせられ

どうやって防げばよいでしょうか?

 登下校中は,進行方向はもちろん,時々後ろを振り向いて,人や車がついてきていないか確認するようにしましょう

■■

 
■帰宅時に注意すること

不審者が後をつけてきていた場合,家を知られたり,屋内に侵入される場合があります

特に,オートロックマンションの玄関を解錠する際,住人のふりをして一緒に建物内に侵入してくることがあり,2人きりになったエレベーターや階段で,ちかんに及ぶことがあります

エレベーター

どうやって防げばよいでしょうか?

1.できるだけ,知らない人と一緒エレベーターに乗らない

2.マンションに入るときや玄関のかぎをあけるときは知らない人がついてきてないか,振り向いて確認する

3.家の中に入ったらすぐにかぎをかける

■■

■保護者の方へ

★危険回避能力を養いましょう

子供達の周りには,多くの危険が潜んでいますが,子供はその危険性についての理解が乏しく,危険回避能力が十分に備わっていないものです

子供の安全を犯罪から守るためには,特に家族での取組が重要です

ぜひ子供の安全について家族で話し合い,身近なところにさまざまな危険が潜んでいることを理解させましょう

親子で確認

特にお子様に指導していただきたいこと

1.不審な人や車を見かけたら,絶対に近づかず,すぐに逃げること

2.近くのお店や,子ども110番の家などに駆け込んで助けを求めること

3.保護者,先生に知らせること

ブザー鳴らし女の子

★防犯ブザー・防犯ホイッスルが効果的

とっさの時には大声がだせないことがあります

ホイッスル

ブザー

■■

■地域の方へ
防犯ボランティア

県内で子供に対する声かけ事案などが後を絶ちません

特に登下校中の子供達が狙われています

地域ぐるみで不審者から子供達を守りましょう

地域で見かけない人物を見かけたら勇気を出して一声かけてみましょう

あいさつするだけでも効果的です

こんにちは→この一声で,多くの犯罪者が犯行を断念し,退散します

 

 

■■

■情報を知ろう!

子供を対象とした声かけ事案や性犯罪などが,いつ,どこで発生しているかを知ることは,子供の安全を守るためにも大切なことです

これらの情報を知り,地域ぐるみ,家族ぐるみで子供の安全を守りましょう

子供への声かけなどの不審者情報

 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


ピックアップ