ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 児童虐待から子供を救うために

児童虐待から子供を救うために

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月16日更新

11月は「児童虐待防止推進月間」です

オレンジリボン 期間中,児童虐待防止のための広報,啓発活動(オレンジリボンキャンペーン,シンポジウム)が全国の民間・地方自治体・国などが連携,協力して行われます。
 「オレンジリボン」は,2004年に栃木県で2人の幼い兄弟の命が奪われた事件をきっかけに,市民グループが児童虐待防止のために使い始めたのが始まりで,児童虐待防止のシンボルとして使用されています。
 「オレンジリボン」をきっかけに,児童虐待をなくすために自分ができることを考えてみましょう。

「児童虐待」とは

 児童虐待とは,保護者がその監護する18歳未満の児童に対して行う「身体的虐待」(殴る,蹴る,投げ落とす,激しく揺さぶる,火傷を負わす,溺れさせるなど)のほかに,

  • 【性的虐待】
     性器や性交を見せる,性的行ためを強要する,わいせつな画像を撮影するなど
  • 【ネグレクト】
     家に閉じこめる,ひどく不潔にする,食事を与えない,車内に放置する,保護者以外の同居人による虐待を放置するなど
  • 【心理的虐待】
     言葉による脅し,無視,兄妹間で差別的な取扱い,子供の面前で配偶者(DV)やそのほかの家族などに対し暴力を振るうなど

があります。

虐待から子供を救うために

 虐待は家庭内という密室で起こるため,しつけとの判断もつきにくく,見過ごされてしまうことも少なくありません。虐待から子供を救うためには,周りの大人たちが子供の出すサインに気づき,救いの手を差し延べることで,子供を虐待から守りましょう。

sain

虐待を受けたと思われる子供を発見したら迷わず通告を!!

 「児童虐待防止法」では,虐待を受けたと思われる児童を発見した者に対し,速やかな児童相談所などへの通告を義務付けており,併せて,通告者に関する情報を漏らさないことが規定されています。(「通告」は匿名で行うことも可能です)
 あなたの連絡が,子供を救うことにつながります。「虐待かもしれない?」と感じたら,速やかに児童相談所などへ連絡をお願いします。
 また,子供が危険な状態など緊急の場合には,110番通報を!!

  • 児童相談所全国共通ダイヤル

       189

  • 民間団体による子供や女性を守るための匿名通報ダイヤル

       0120-924-839

       ※受付時間 9時30分~18時15分(月~金)

  • 専用ホームページからも通報できます。

       http://www.tokumei24.jp

        ※24時間オンライン受付

  • 子供に関する悩み・相談は,最寄りの警察署または

       ヤングテレホン広島 082-228-3993

このページに関連する情報


ピックアップ