ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 熊本県における広島県警察官の活躍《中国管区機動隊》

熊本県における広島県警察官の活躍《中国管区機動隊》

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月8日更新

 熊本県の「熊本日日新聞10月30日夕刊」に掲載された記事です。  

 それは『心遣いある警備』という標題で,熊本県で開催された「第33回全国豊かな海づくり大会に伴う警衛警備」に特別派遣され,沿道で警戒にあたっていた広島県警察の警察官(管区機動隊員)の姿に感動したという内容でした。

 投稿されたのは,熊本市在住の70歳代の女性の方で,天皇皇后両陛下を見送りのため,沿道で待つ中,警戒中の6・7人の警察官(広島県警察)が注意事項を柔らかい口調で,身の上話を交え説明するなど,その笑顔と心遣いのおかげで,待っていた2時間があっというまに。・・・
 両陛下にも手を振ることができ,広島県警察の若い警察官の心遣いに感動した。というものでした。
   
 ~投稿記事(骨子)~

  • ・・・わたしもグランメッセ熊本の近くでお見送りしたんですよ。
    そこで警備をしていたのは6,7人の広島県警の若い警察官。
    彼らは柔らかい口調で注意事項を説明したり,
      「1週間前に熊本に来ました。」「子どもが生まれたばかりです。」
    など身の上話をしてくれたり。
    2時間まっていたのですが,あっという間でした。見送りの後は
      「気を付けてお帰りください。」
    と笑顔で声を掛けてくれました。
    両陛下にも手を振ることができ幸せでした。
    本当にお疲れさまでした。・・・

 見知らぬ土地での勤務。天皇皇后両陛下のご身辺の絶対安全と沿道でお見送りされる方々の安全の確保・・・絶対に失敗は許されない!という重責。
 逆に熊本県民の方々に応援され,気持ちを癒されたのは,あの若い警察官だったのかもしれません。

 警衛警備という特殊な勤務ですが,警察だけで目的が達成できるものではありません。地域の方々の協力,理解,信頼関係が重要です。
 今回の警衛警備の成功は,熊本県民のみなさんの理解と協力のおかげです。 

 熊本県民のみなさん,ご協力本当にありがとうございました。

 関係警察官のコメント

  • 熊本県民の方が,両陛下のお見送りを心地よく暖かい気持ちでされたと聞き,私達もうれしく思います。
    今後とも管区機動隊員としての誇りと使命感を持って,任務を全うしたいと思います。
         

ピックアップ