ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 人命救助 《福山北警察署》

人命救助 《福山北警察署》

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月22日更新

   平成25年6月下旬,警察署にある男性が来署し,警察官の活動に対し謝辞をいただきました。

 6月20日午前1時ころ,田の水を確認するため出かけた70代の女性が用水路に転落したのです。
普段は水深の浅い用水路ですが,当時は先日からの大雨で水かさは増しており,激流となっていました。
女性は,暗渠に必死にしがみつき,助けを求めていたところ,声を聞いた付近の住民から110番通報が入りました。
指令を受け現場に駆けつけた警察官3名により,パトカー内の浮輪,救命胴衣を活用して激流にのまれていた女性を無事救出,その後救急車で病院に搬送されました。

謝辞は親族の男性からで
「本当にありがとうございました。おかげで命に別状なく,経過観察で数日入院しましたが,無事退院できました。」という内容でした。

今回の事案は,110番通報を受け速やかに現場に駆けつけ,危険を顧みず迅速的確に対応したことで,生命に危険が及んでいた女性を救出した事例です。
警察官として当たり前の職務執行ではありますが,この事案を教訓に,我々警察官は常に最悪の事態を想定し,日頃から訓練を積み重ね,どんな事案にも沈着冷静に対応できる技術と精神力を身に付けなければと決意を新たにしました。

そして,今回,「助けてー」という声を聞いて,110番通報していただいた付近の方。深夜にも係わらず,本当にご協力ありがとうございました。

関係警察官のコメント

  • 現場では無我夢中で,とにかく女性をたすけることだけを考えていました。無事だったとという事を聞いてほっとしています。

 

 

 


ピックアップ