ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 急病人を救護 《安芸高田警察署》

急病人を救護 《安芸高田警察署》

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月18日更新

 平成25年4月9日午後,警察署に,ある男性から「妻を助けていただき,ありがとうございました。」というお礼の電話をいただきました。

 それは夫からの電話で,事情を聞いてみると,3月30日午前1時45分ころ,車で出かけた妻が車両を運転中,突然病に襲われ,路肩で停車しているのを通りかかったパトカーが発見し,119番通報により一命を取り留めたというものでした。

 ~電話の内容~
   先日,妻を助けていただきありがとうございました。
   妻は現在入院しています。
   当時は意識がなかったのですが,現在は回復しました。
   あの日家族は,妻がいつまで経っても帰ってこず,途方に暮れていました。
   あの時,パトカーが見つけてくれなかったら,妻は亡くなっていました。
 命の恩人です。本当にありがとうございました。・・・
  

 今回の事例は,時間的,場所的から不審車両として声をかけたものですが,声かけは犯罪の予防,検挙のみならず,ちょっとした機転から尊い命を救うことに繋がることを改めて痛感しました。
   全警察官,わずかな変化も見逃さない,鋭敏な洞察力を養うことに今後も心がけてまいります。

関係警察官のコメント

  • 警察官として当然の仕事をしただけです。
    感謝されて嬉しく思います。
    これを励みに今後も頑張ってまいります。

ピックアップ