ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 孫が拾った1円玉 《安佐南警察署》

孫が拾った1円玉 《安佐南警察署》

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月7日更新

 平成25年3月4日の朝刊に,「好感抱いた交番対応」という見出しで,安佐南区居住の方のご意見が掲載されました。
 投稿内容の一部をご紹介いたします。

 「じいちゃーん」
と玄関の戸をたたく孫の声に飛び出して見ると,
 「お金を拾ったので交番に届けて」
と1円玉を差し出した。
 本来なら本人に交番へ行かせるのだが,孫は通学の途中。
 小2の孫とその友達がいつまでも純粋な心であってほしいと思い,交番へ出向き,恐縮しながら事情を説明した。

 すると,気持ちよく
 「1円でもお金ですから受理しますよ」
と言って,預かり書の書類作成をしてくれた。もう一人のお巡りさんは,その間に拾得物を本部に報告。それを聞き,申し訳ないような気持ちになった。
 警察は言葉が乱暴で不親切と決めていたが,対応の良さに感心した。

関係警察官のコメント

  • 【交番担当者】  
     交番勤務員として当たり前のことをしただけです。
       相手の方は優しそうな人で,きっとお孫さんもよい子に育っているんだなと対応中に感じました。今回の件を通じ,私達が逆に「1円の重み」を教えていただいたような気持ちです。

 何げない拾得処理ですが,「警察官がどう対応してくれるか・・・」と交番に来所される方がどれだけ不安を持って来られるか。
 対応する警察官のちょっとした言動が,その不安を和らげ,警察に対する信頼感を印象づけるかを考えさせられる事案です。
 この事案を参考に,我々は常に相手の立場を理解し,優しく,頼りにされる警察官を目指したいものです。


ピックアップ