ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 高齢者交通安全モデル地区

高齢者交通安全モデル地区

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月15日更新

「高齢者交通安全モデル地区」

 県内28警察署管内に「高齢者交通安全モデル地区」を指定し,地域住民が一体となった取組が行われるよう自治体,関係機関・団体等と連携した重点的な高齢者交通安全対策を実施しています。
 交通安全活動を地域住民が一体となって取り組み,気運を醸成するとともに交通安全意識を高めることにより,高齢者の交通事故をなくしていこうとするものです。
〇 モデル地区の指定
 モデル地区の指定は、高齢者人口、高齢者の交通事故発生状況、地区の広さ、地域性等を勘案し、地域の協力が得られた地区を下記のとおり指定しています。
〇 実施期間
 平成29年4月1日から平成31年3月31日まで
〇 実施重点
 ・反射材用品等の活用
 ・歩行シミュレータ等を活用した体験型講習の推進
 ・シートベルト着用の徹底

実施イメージ図及びモデル地区一覧

イメージ図 

 itirann


ピックアップ