ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 広島県警察航空レスキュー隊

広島県警察航空レスキュー隊

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月9日更新

広島県警察航空レスキュー隊の発足

 広島県警察では,地震,風水害,雪害などの自然災害はもとより,近年の登山ブームに伴う山岳遭難などの事案に対応するため,航空隊と機動隊が連携した救助活動を推進する「広島県警察航空レスキュー隊」を平成26年9月8日に発足しました。

隊員の指定

 航空隊と機動隊に所属する者の中から,高所対応能力などに優れた者を合計25人(航空隊員:6人・機動隊員19人)指定しました。

活動内容

主な任務

 地震,風水害,雪害などの自然災害,山岳遭難,水難などの事案が発生し,陸上からの救助が困難な場合などにおいて,航空機のホイスト装置などを活用し,被災者などを救助することを主な任務としています。

訓練

 任務遂行に必要な技能の向上を図るため,集中訓練や定期的な訓練を実施しています。

訓練状況

8・20大規模土石流災害

 平成26年8月20日未明,広島市内において発生した大規模土石流災害では,機動隊員を同乗した航空機(みやじま1号)が緊急出動し,屋根かわらの上で救助を待つ被災者9人を無事救助しました。

ホイスト救助


ピックアップ