ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高齢者講習について

印刷用ページを表示する掲載日2016年12月26日

 免許証の更新期間が満了する日(誕生日の1か月後)の年齢が70歳以上の方は,事前に講習実施機関が行う「高齢者講習」を受講しなければ,免許証の更新ができません。手続きについては,「講習連絡書」でお知らせしています。

 また,免許証の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上の方は,高齢者講習の前に「講習予備検査」を受ける必要があります。この講習予備検査は,高齢運転者に対して,ご自身の「認知機能」の状況を簡易な検査によって自覚してもらい,引き続き安全運転を継続することができるよう支援するものです。

 なお,体力などの低下により,車の運転に自信が無くなり,「免許の更新はどうしようか?」と悩んでいる方は,免許証を返納する手続きもあります。(詳しくはこちらから

運転免許証の有効年月日の年齢で講習の内容が変わります。この日の6ヶ月前から高齢予備検査と高齢者講習が受けられます

70歳から74歳の方 75歳以上の方

道路交通法改正(平成29年3月12日施行)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からの注目情報

県警ホームページがリニューアルしました。URLに変更はありません。

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ外部リンク ようこそモシカタウンへ 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル外部リンク 広島県警察本部Twitter外部リンク 広島県警察本部Facebook外部リンク