ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 違法銃器のない安全で住みやすい広島県を目指して

違法銃器のない安全で住みやすい広島県を目指して

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月1日更新

警察官イラスト

 全国の拳銃等の違法銃器を使用した凶悪事件は,長期的には減少傾向にあるものの平成26年中は前年を上回り,作年中においてもそのほとんどが暴力団によるもので,平穏な市民生活に脅威を与えています。

 拳銃は,簡単に隠し持つことができ,一瞬にして,尊い命を奪う凶器です。

 警察では,拳銃等の違法銃器を社会から根絶し,安全で安心して暮らせる広島県を目指しています。

 ※ここでいう「拳銃等」とは,拳銃・小銃・機関銃・砲を指します。

拳銃等による発砲事件発生状況(広島県内)

拳銃等による発砲事件発生状況(広島県)グラフ

 平成18年以降,広島県内では,発砲事件は発生していません。
 しかし,過去には広島市内や呉市内の市街地,住宅街で発砲事件が発生しております。

 危険は,私たちの身近なところに潜んでいるのです。

拳銃等の押収状況(広島県内)

拳銃等の押収状況(広島県)のグラフ

このページに関連する情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


ピックアップ