ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 犯罪統計資料用語解説

犯罪統計資料用語解説

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新

本資料における用語の解説

  1. 刑法犯
    刑法(道路上の交通事故に係る業務上過失致死傷罪を除く。)並びに爆発物取締罰則,決闘罪二関スル件,暴力行為等処罰二関スル法律,盗犯等ノ防止及処分二関スル法律,航空機の強取等の処罰に関する法律,火炎びんの使用等の処罰に関する法律,航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律,人質による強要行為等の処罰に関する法律,流通食品への毒物混入等の防止等に関する特別措置法,サリン等による人身被害の防止に関する法律,組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律,公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律及び公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律に規定する罪をいう。
  2. 重要犯罪
    殺人,強盗,放火,強姦,強制わいせつ,略取誘拐をいう。
  3. 重要窃盗犯
    侵入窃盗,自動車盗,ひったくり,すりをいう。
  4. 認知件数
    警察において,刑法犯の発生を認知した事件の数をいう。
  5. 検挙件数
    警察において,刑法犯を検挙した事件の数をいう。

ピックアップ