ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 竹原警察署 > 平成29年度 第1回 竹原警察署協議会

平成29年度 第1回 竹原警察署協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月7日更新

開催日時

平成29年6月28日水曜日午後3時00分~午後5時15分

開催場所

竹原警察署3階講堂

出席者

協議会委員竹原警察署
会長 大本貴志署長
副会長 梅田一栄次長
委員 西村直子大崎上島分庁舎長
委員 大川真弘会計課長
委員 池田和夫生活安全課長
委員 小田博地域課長
委員 森川文代刑事課長
交通課長
警備課長
警務係長

協議会概要

諮問事項

なし

竹原警察署による業務説明等

  • 委嘱状交付
  • 生活安全課長
    「めざそう!安全・安心・日本一」広島アクションプランについて説明
  • 交通課長
    管内交通事故発生状況について説明
    「速度取締りの指針」について説明

〈業務体験〉 

  • 鑑識係長
    指紋採取要領~空き缶から指紋採取を実施

協議会委員意見

協議内容意見の内容警察の対応,今後の方針
交通違反の取締りについて○交通取締りの時間や場所を事前に広報することが,交通違反の抑止につながっていると実感がありますか。(西村委員,小田委員)
○交通取締りは,交通事故や死亡事故の抑止が目的です。場所や時間を広報することの効果は検証していませんが,抑止にはなっていると思います。
○警察官の姿を見せて取締りをすることで抑止活動になっています。
高齢者の事故防止について○追突防止機能等安全装置付の車両に乗車した方が実際に体験したことについて(西村委員)○安全装置の体験等を通じて事故防止の広報活動を実施しています。
DV・いじめ問題について○竹原でのDV・いじめ問題の発生について(西村委員)○数は少ないですが,DV・いじめ問題等は,関係機関との連携なくしては解決できる問題ではないので各機関と意見交換をしながら対応しています。
交通規制について○地元で交通事故が多発している交差点に対する対策について○交通事故が多発している交差点については,これから交通量や基準を見て対策を講じていきます。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。