ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 世羅警察署 > 平成28年度 第4回 世羅警察署協議会

平成28年度 第4回 世羅警察署協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

開催日

平成29年2月20日(月) 

開催場所

世羅警察署3階講堂

出席者

世羅警察署協議会委員 5人
世羅警察署員 6人

会議要旨

会長挨拶

平素より警察の方々には,交通事故抑止対策として,定期的に学校機関やサロンにおいて交通安全教室や講話をして頂いているが,その効果が少しずつ実感できるようになってきた。
これからも協議会と警察が一体となって,安全安心なまちづくりに取組んでいきたいと考えている。

議事要旨

警察署業務説明及び諮問

ア 署長

平成28年からは「減らそう犯罪広島県イン総ぐるみ運動第4期アクションプラン」が策定され,平成32年までに特殊詐欺被害額を5億円以下にするほか,第10次の交通安全計画では,交通事故死亡者数を75人以下にするという数値目標が策定された。
現在県警では,この「5」と「75」を足した「アンダー80作戦」を推進しているところであり,世羅警察署でも,事件被害の未然防止活動や交通安全対策に力を注いでいきたいと考えている。

イ 生活安全刑事課長

○世羅町の犯罪情勢
 平成28年中の刑法犯認知件数 45件(前年比-15件)
 平成29年1月末までの刑法犯認知件数 2件(前年比+1件)
○犯罪抑止対策に向けたイベント開催状況
 世羅警察署見学会イベント(1月7日開催)
 1日世羅警察署長イベント(2月1日開催)
○平成29年における取組み方針
 街頭活動の強化
 特殊詐欺被害未然防止などの高齢者対策の更なる推進
 公共の場所や事業所及び民家に対する防犯カメラやセンサーライト設置の推進など

ウ 地域交通課地域係長

○世羅署管内の交通事故発生状況
 人身及び物損事故については昨年より微減
 交通事故による死者数 4名(前年比+4名)
○平成29年における交通の取組み方針
 死亡事故抑止対策として,交通取締りの推進
 行楽期における観光客対策など

等について説明した後,各委員から意見を求めた。

委員意見・要望

委員から,

○世羅中学校の近くに,一時停止標識が設置された交差点があるが,止まらない車をたびたび見かける。
 おそらく優先関係を勘違いしているドライバーが多いと思われるので,重大事故が起きないように警戒してほしい。

との要望が出たほか,

○交差点の幅員が同等の場合,一時停止標識がないと優先関係が分からず事故が頻発するのではないか。
 今後,規制の見直しをする予定があるのか。

旨の質問が出たことから,これに対し,

○現在,規制の見直しが県下全域で行われており,当署においても現場点検を実施しているところである。

と回答した。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。