ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 大竹警察署 > 大竹中学校の生徒が5日間職場体験に来ました

大竹中学校の生徒が5日間職場体験に来ました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月21日更新

8月21日~26日の5日間,大竹中学校2年生の生徒2名が大竹署に職場体験にきました。
今年は女子生徒2名が警察業務について学び,様々な業務を体験しました!

~1日目~

署長申告

5日間の職場体験初日,大竹警察署長に元気よく申告しました。
署長申告

警察署内を見学

警務課の業務説明

会計課の業務説明

実際に拾得を受理しているところを見学しました。

~2日目~

地域課の業務説明

パトカーにはあらゆる現場で対応できるよう,実はたくさんの装備資機材を搭載しています!
実際にパトカーから装備資機材を出して,どのような場面でどの資機材を使用するかなどの説明やパトカー内の車載無線等の説明を行いました。
地域課業務説明 地域課業務説明

女性警察官との対話会

交番で勤務する女性警察官との対話会では,警察業務のやりがいや大変なこと,日頃疑問に思っていることなどを直接質問してもらいました。
女性警察官との対話会 女性警察官との対話会

女子会ランチ

対話会に引き続き,署に勤務する女性警察官や職員と一緒に各自持ってきたお弁当を食べながら警察署での生活や中学校生活をお互いに話して盛り上がりました♪
女子会ランチ

刑事課の業務説明,鑑識業務体験

鑑識業務体験では,実際に指紋採取や似顔絵作成を行いました。
似顔絵作成では,生徒が警察官役になり被害者役の警察官から犯人の特徴を聴取し,被害者の証言だけで似顔絵を作成してもらいました。2人ともかなり上手に描けていたので,担当の警察官も大絶賛でした!
鑑識業務体験

~3日目~

交通課の業務説明,交通業務体験

交通課の窓口では免許業務などを行っており,免許更新日は多くの方が免許更新の手続きに来られます。どのような手順でどんな項目を確認するのか見学してもらいました。
庁外の外に出て,警察官と一緒に実際に交通監視活動も行いました。

生活安全係の業務説明,チラシ作成

特殊詐欺について勉強した後,特殊詐欺被害防止を呼びかけるポスターを作成してもらいました。短い間でしたが,自分たちなりにデザインを考え,絵の具を使用して素敵なポスターを作成してくれました☆
チラシ作成 チラシ作成

チラシ作成

~4日目~

現場対応訓練体験

事案を想定して,模擬対応を行いました。
今回は,夫婦間のDVトラブルから被疑者の制圧までの流れを実際に行い,普段は見ることのできない現場でのリアルな状況に,
生徒からは「すごく迫力があった」
と驚きの声が聞かれました。
現場対応訓練体験 現場対応訓練体験

特殊詐欺被害防止チラシの配布

前日に作成してもらったポスターをカラー印刷して,管内のコンビニに配布しました。
自分たちで作ったポスターを店員に配布し,特殊詐欺防止を呼びかけました。
特殊詐欺被害防止チラシの配布

110番通報対応訓練

110番通報をしてから現場へ警察官が到着するまでの流れを確認し,無線でどのように指令しているかなどを模擬体験しました。

~5日目~

警備課の業務説明,災害対応訓練

災害が発生した場合,警察署ではどのような対応をするのかを災害対応に必要なチェーンソー等の資機材を実際に見ながら説明しました。

術科訓練体験

警察では,犯人と対峙した場合を想定した「逮捕術」という訓練があります。剣道と同じような防具を着用しますが,竹刀は使用せずルールも少し異なります。
包丁等の刃物(犯人)=「短刀」,警丈(警察官)=「長物」,素手(警察官)=「徒手」として,刃物を持った犯人と素手の警察官が対峙した場合を想定した,「短刀」対「徒手」戦等を行います。
基本的な動きを練習した後,ミニ試合を行いました。
術科訓練体験 術科訓練体験

術科訓練体験

5日間の体験を終えた生徒から,
○警察の業務がとてもよくわかった
○普段できない体験がたくさんできてうれしかった
○女性職員との対話会が楽しかった
○今回学んだことを日々の生活の中でしっかり活用していきたい
などの声が聞かれました。