ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 大竹警察署 > 大竹警察署 沿革

大竹警察署 沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月26日更新

年月日

内容

明治10年 3月佐伯郡玖波に広島警察署廿日市分署第一分屯所を配置
明治15年12月大竹村に移転し大竹分署と改称
明治19年11月広島警察署廿日市分署が廿日市警察署に昇格
大竹分署は廿日市警察署所属となる
大正15年 7月大竹警察署に昇格
昭和23年 1月大竹町・小方村に自治体警察設置 
従来の大竹署は佐伯地区警察署大竹警部補派出所となる
昭和26年10月自治体警察廃止に伴い警部補派出所はこれらを吸収して大竹地区警察署となる
昭和29年 7月広島県大竹警察署として発足
昭和52年 6月現在の署庁舎建設
平成14年 4月木野警察官駐在所が統合廃止 
小方交番・玖波駐在所・署所在地に分割統合される
平成17年 9月生活安全課と刑事課が統合され生活安全刑事課となる