ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 音戸警察署 > 平成27年度 第4回 音戸警察署協議会

平成27年度 第4回 音戸警察署協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月29日更新

日 時

 平成28年2月1日(月)

場 所

 音戸警察署 1階小会議室

参加者

 協議会委員5名,署長以下7名

内 容

当署からの説明事項

  1. 今年度の取り組みについて
     広島県警の取り組み「アンダー100作戦」を受けて,音戸署では『O・N・DO(おんど)作戦』と銘打ち,特殊詐欺・死亡交通事故の発生ゼロに向けての諸活動を行うことを説明した。(署長,生活安全刑事課長,地域交通課長)
  2. 船外機の盗難被害について
     管内で発生した船外機窃盗事件の発生状況などを説明し,警戒や情報提供方を依頼した。(生活安全刑事課長)

協議会委員からの質疑・意見等と警察署の説明

これまでは道路改善の要望を道路管理者側に伝えたところ予算の都合などがあり直ぐに対応してもらえなかった。この度,倉橋町伊目木の危険箇所は対応まで非常に早かった印象があるが,特殊な事情があったのか?

 県道35号線倉橋線では一昨年死亡事故が発生したこともあり,道路管理者側も改善の優先路線として対処したと考えられる旨を説明した。

音戸町・倉橋町の自治会連合会定例会へ引き続き署員の方にも出席してもらい,特殊詐欺や交通事故の防止など話をしてもらいたい。

 これまでも駐在所員を出席させているが,これからも署幹部や駐在所員を出席させる予定である。意見など求められたら,より具体的に突っ込んだ内容で答えられるようにする旨を説明した。

地域の高齢者宅を訪問したとき,外出中であっても鍵をかけていない家があり,何度もお願いしても鍵をしてくれない家庭もあり困っている。巡回連絡や地区の独居高齢者訪問活動を通じて鍵かけについて呼びかけを行っていただけないか?

 鍵かけをしてもらえない高齢者の方がいれば,警察署としても協力していくので,連絡をしてもらえたら,声かけをしていく旨を説明した。

平成27年第4回 音戸警察署協議会の様子

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。