ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 三次警察署 > 高齢者向けに「サポカー」体験乗車会を開催

高齢者向けに「サポカー」体験乗車会を開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月1日更新

平成29年9月25日に三次試験場で高齢者を対象に,誤発進抑制(踏み間違い防止)機能等の安全運転支援システムを搭載した「安全運転サポート車(サポカー)」の体験乗車会等を開催しました。

乗車会には三次市老人クラブ会員約70人が参加しました。参加者は実際にサポカ―に乗車し,誤発進抑制や自動ブレーキ等を体験するとともに,トラックや乗用車の運転席からどこが死角となって交通事故に繋がるのかについて講習を受けました。

実際にサポカ―に体験乗車した高齢者からは,「踏み間違えによる事故が全国でも起こっているので,こういう機能があると助かる。」,「今後車の買い替えの時は,サポートカーも検討したい。」という意見がありました。

サポカーはあくまでも運転支援であって,こうした機能があれば絶対に事故が起きないということではありません。しかし,こうした機能によって回避できる事故もありますので,車の買い替えの際には是非サポカーも検討してみてください。

サポートカー体験乗車の様子 死角体験の様子