ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 三原警察署 > 特殊詐欺被害防止ダイレクトメール贈呈式を開催

特殊詐欺被害防止ダイレクトメール贈呈式を開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月3日更新

平成29年7月31日,三原警察署署長室において,「特殊詐欺被害防止ダイレクトメール贈呈式」が行われました。

『特殊詐欺被害防止ダイレクトメール』は,三原警察署管内金融機関防犯組合及び三原市内各郵便局,三原警察署が連携し,暑中見舞用葉書に特殊詐欺被害防止についての注意喚起を記載し,市内全域に発送する施策で,夏休み等に家族で話題にしてもらう,電話の近くに掲示してもらうことで,特殊詐欺被害防止の訴求効果が期待されるものです。

このたび,市内等の企業91社より協賛をいただき,1万2,100枚のダイレクトメールの作成が完了し,三原警察署管内金融機関防犯連合・三原市内各郵便局を代表して,三原郵便局長より三原警察署長にダイレクトメールの贈呈が行われました。

この『特殊詐欺被害防止ダイレクトメール』は,8月初旬に,「三原警察署からのお知らせ」として,市内1万2,100世帯に配達されます。

協賛いただいた皆様,ありがとうございました。

三原警察署は,特殊詐欺被害防止に向け,これからも各種広報啓発活動等に取り組んでいきます。

※ 大手百貨店や銀行協会等を名乗り,「カードが不正に使用されている」「暗証番号を教えて」「担当者がカードを受け取りに行く」という内容の電話が多発しています。

被害に遭わないために,
○ 他人に暗証番号を聞かれても絶対に教えない
○ 他人にキャッシュカードを預けたり,郵送したりしない
○ 1人で即断せず,誰かに相談する
をお願いします。

贈呈式の状況 暑中見舞用葉書

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。