ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 呉警察署 > 平成28年度 第2回 呉警察署協議会

平成28年度 第2回 呉警察署協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月1日更新

開催日時

平成28年9月16日(金) 午後4時00分から午後5時10分まで

開催場所

呉警察署 4階講堂

出席者

協議会側(8人)
薄井会長,家頭委員,松本委員,後藤委員,八代委員,平尾委員,田中委員,不破本委員
警察署側(10人)
署長,副署長,会計課長,警務課長,生活安全課長,地域課長,刑事第一課長,刑事第二課長,交通課長,警備課長

議事要旨

委嘱状の交付

不破本委員

会長挨拶

この度,新しく不破本委員をお迎えし,新たな体制で第2回目の警察署協議会を開催いたします。
本日は,広島県警察「アンダー100作戦」の進捗状況や呉警察署管内の情勢につきまして,担当課長からの説明を受けた後,委員の皆様からのご意見,ご質問をいただきたいと思います。

署長挨拶,自己紹介

先ほど,委嘱状を伝達させてただきましたとおり,新たに不破本委員をお迎えいたしまして,新体制で最初の協議会開催となります。

また,本日は,小西公安委員のご出席をいただいております。

本日の協議会では,議題にありますとおり,広島県警察を上げて取り組んでおります「アンダー100作戦」の進捗状況や管内情勢などにつきまして,各担当課長から説明をさせていただきます。
委員の皆様におかれましては,いつものとおり忌憚のないご意見をいただき,今後の警察運営に反映させて参りたいと思います。

また,会議終了後には,当署道場におきまして,柔道・剣道訓練の状況をご覧いただくこととしております。
警察官は,その職務の性質上,実力を行使しなければならない場面も多く,いかなる事案に対しても怯むことなく被疑者を制圧し,逮捕し得る気力や体力を養う必要があります。
そのため,定期的に訓練を行っておりますが,本日は,日頃の訓練の一端をご覧いただければと思います。

終わりに,各委員の皆様のご協力により,本年度第2回目の協議会が有意義なものとなりますよう祈念いたしまして,私の挨拶とさせていただきます。

不破本委員自己紹介

議題

広島県警察「アンダー100作戦」の進捗状況について~警務課長

なくそう特殊詐欺被害・アンダー10作戦の推進状況

アンダー10作戦は,特殊詐欺被害を年間10億円以下に抑えると
いうものですが,本年7月末現在,県内の特殊詐欺被害は,被害件数124件で前年に比べてマイナス116件,被害額約5億2千万円で前年比マイナス約5億9千万円となっており,被害件数・被害額いずれも約半減しております。

被害抑止対策

被害者の多くが高齢者の方であるため,県警では高齢者の方に対する被害抑止対策を重点的に推進しており,具体的には,防犯団体と協力し,暑中葉書いわゆる「かもめーる」を高齢者に送付して被害未然防止のための注意喚起を行いました。
呉警察署でも,「かもめーる」葉書を,高齢化率の高い警固屋地区の1,844世帯に個別送付いたしました。
以前は,「振込送金型」の詐欺が多かったのですが,金融機関と連携し,水際対策を実施したこと等により一定の抑止効果があがっております。

最近,「現金送付型」,これは「何らかの方法で相手を欺し,郵便や宅配便を使って現金を送付させる詐欺」や,「現金手交型」と呼ぶ「被害者の自宅まで現金を受け取りに来る,または,駅等の指定の場所まで被害者を呼び出し,現金を受け取るタイプの詐欺」が全国的に増加傾向にあります。

そこで県警では,福山通運と協力し,福山通運が取り扱う宅配便の荷物送付状に「宅配便では現金は送付できない,現金送付は詐欺の疑いがある」旨の「注意喚起シール」を貼付して「現金送付型」詐欺抑止のための広報啓発活動を行っています。

なくそう交通死亡事故・アンダー90作戦の推進状況

アンダー90作戦は,「交通事故による死者数を年間90人以下に抑える」というものですが,7月末現在,県内の交通事故発生状況は発生件数5,429件で,前年比約12%減,死者数50人で,前年比約12%減死者の内,高齢者が28人で,前年比1人減となっています。

交通事故抑止対策

県下の7月末までの高齢者の死者数は28人で全体の約6割にのぼります。
死者の内訳が歩行中10人,四輪運転中7人,自転車運転中3人であることから,自動車の運転マナーは勿論のこと,歩行中の安全確保のため,反射材の配布やシュミレーターを使用した安全歩行訓練,自転車安全利用に関する教養を行っています。

また,飲酒運転が関係する事故については,発生件数71件で,前年比約50%増となっていることから,飲酒運転についても重点的な対策を実施し,検問による一斉検挙や事業所に対する飲酒運転抑止の指導を行っています。

次に自転車が関係する事故については,発生件数941件で,前年比約17%減となっています。依然として自転車が関係する事故が多発している状況であることから,小中学校に対する自転車教室を開催する等してマナーアップを図り,自転車が関係する事故の抑止に努めている状況です。

また,9月21日から秋の全国交通安全運動が始まりますので,今後とも皆様方のご協力を宜しくお願いいたします。

「少年非行の現状について」~生安課長

少年の検挙・補導状況については,減少傾向にあります。
学識別補導状況は,当署管内では中学生,高校生が全体の7割を占めておりますが,県下的には中学生が多い状況です。

罪種別補導状況は,当署管内では万引きが約42%,軽犯罪法違反が約15%,粗暴犯が約15%を占めており,県下的にも万引きなどの初発型非行が多い状況です。

次に,喫煙や深夜徘徊等,不良行為少年の補導状況につきましても,減少傾向にあります。
学識別の補導状況は,当署管内では,高校生約25%,中学生約11%,小学生以下約15%となり,県内状況と比較すると当署管内は小学生以下の割合が高くなっております。

少年の特徴として,集団になると規範意識が低下し,遊び感覚で犯行を繰り返す傾向があり,今後も,引き続き,少年の補導,検挙に努めて参りたいと思います。

「信号機の新設について」~交通課長

国道31号線の海岸1丁目8,9番画の間,築地町の入り口に当たる三叉路交差点の信号機を新設し,これに伴い,東西に隣接する信号機2箇所を廃止します。

約6年前,この交差点を右折しようとした大型貨物が,横断歩道を歩いていた歩行者と衝突する死亡事故が発生しました。
同所では,この他にも車両同士の右左折事故等が発生しており,大型トラック,トレーラーの混入率の高い交差点の事故防止を図る等を目的に信号機の新設等を行います。

また,信号機の新設に伴い,東西に隣接する信号機2箇所,及び国道横断の横断歩道を廃止し,信号機を集約して国道31号線の渋滞を軽減します。
信号機を廃止した交差点では,築地町方面から国道31号線に進行する車両を時間帯で左折のみとするなどして車両の整序化を図ります。
関係機関と検討し,年度内に信号機を点灯させる方向で調整を行っております。

各委員からの質疑等

ここ数ヶ月,宅配業者を騙り,ジップファイルが添付された「いつまでに送金してください」等といった内容の不審なメールが多く送られてきます。県警ホームページの特殊詐欺用の転送メールアドレスへ転送していますが,都度,転送させていただいて良いのでしょうか。(家頭委員)

 ・ 刑事第二課長
(広島県警察ホームページの架空請求転送専用メールアドレスへ)転送をしていただいて結構です。但し,ジップファイルは開かずに転送してください。転送していただいたメールは関係部署において参考情報とさせていただきます。

海岸付近の国道31号線の信号機は,対向の信号と時差があるため,対向の信号が赤になるのを見て発進しかけることがあります。何かわかやすい表示はないでしょうか。(会長)

・ 交通課長
道路がカーブする等,道路状況により時差式となっているものです。信号機を良く見て走行していただければと思います。

先ほど説明のあった新設される信号機は,通学路にかかると思いますが,歩車分離とはなりませんか。(家頭委員)

・ 交通課長
歩車分離型の信号機ではありません。
確かに,両城小学校,港町小学校の通学路となりますが,道路事情により,歩車分離型の信号機を設置することが難しいため,教育委員会に対し,通学路変更の申し入れを行っております。

(4) 呉駅前に,商店が幟を設置しているため,視界の妨げとなり,見えにくい場所がありますので,気をつけて見ていただければと思います。(松本委員)

・ 交通課長
現場を確認し必要な措置をとります。

小西委員挨拶

公安委員の小西です。ここ数年,各署をまわらせていただく機会がありませんでしたが,今後は,各委員が手分けをして各署の協議会に参加させ ていただきたいと考えております。

柔道・剣道訓練状況視察

次回開催予定

次回開催は,12月9日(金)午後4時からを予定している。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。