ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 因島警察署 > 因島警察署 沿革

因島警察署 沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月26日更新

年月日

内容

明治 8年 4月

重井村に屯所を設置。以来,尾道警察署の管轄下となり警察官詰所は中庄を経て,明治39年土生町に移る
大正15年 6月尾道警察署管轄から独立して因島警察署に昇格
昭和23年 1月警察法施行に伴い,土生町,三庄町,田熊町にそれぞれ自治体警察署を設置
これに伴い因島警察署は廃止されて4地区(椋浦,中庄,大浜,重井)は,国警御調地区警察署の管轄となる
昭和26年10月3か町自治体警察署を廃止し,再び因島警察署(署員40人)として発足し,庁舎は元土生町警察署庁舎を充てる
昭和29年 7月新警察法の施行により,従来の国警,自治体警察が廃止され,広島県因島警察署となる
昭和31年10月警察署の統廃合に伴い,忠海警察署の管轄下にあった豊田郡瀬戸田町が当署の管轄となる
昭和41年 3月因島警察署新築移転(大正9年建築の庁舎老朽化のため)
平成14年 4月組織統合整理に伴い,大浜駐在所,三庄南駐在所が廃止される