ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 広警察署 > 広警察署 沿革

広警察署 沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月26日更新

年月日

内容

明治 4年賀茂郡広村字大新開沖直酒場跡に広村,仁方村,川尻村,阿賀村を
管轄する広村分屯所が設置
明治 7年 6月四日市警察署広分署と名称を改める
明治10年 3月川尻村が内海分署の管轄となり,広村,仁方村,阿賀村のほかに郷原村,市飯田村,兼沢村,中畑村が新しく管轄に加わる。当時,四日市警察署は,津江村,楢原村など旧賀茂郡黒瀬町の一部を,内海分署は,三津口村,中切村など旧豊田郡安浦町の一部と川角村,菅田村など旧賀茂郡黒瀬町の一部を管轄していた。
明治12年 9月広分署は,賀茂郡広村字中新開10,069番地に新築移転
明治13年11月広島県下に交番制度が発足。広警察署三之瀬分署は四日市警察署三之瀬交番に,内海分署は四日市警察署内海交番に名称を改める。
大正 9年12月広分署は、広警察署と名称を改める
昭和23年 1月自治体警察発足に伴い、広警察署管内は,安浦町に安浦警察署,川尻町に川尻警察署,上蒲刈村に蒲刈警察署,広町,阿賀町,仁方町は広警察署、それぞれの管轄になる。下蒲刈村,向村は安芸地区国家警察,ほかの地区は賀茂郡北部地区国家警察の管轄となる。
昭和29年 7月新警察法の施行に伴い広警察署となる
昭和47年 4月現在地へ移転
平成21年 4月統廃合を経て,旧木江警察署の豊浜駐在所,豊駐在所を加え,4交番10駐在所となる