ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 東広島警察署 > 平成28年度 第3回 東広島警察署協議会

平成28年度 第3回 東広島警察署協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月22日更新

開催年月日

平成28年12月14日

参加人員

委員11名
警察11名

議題・意見・要望等の内容

署長あいさつ

署長から「県警察の組織強化に向けた意見を集約した広島県警察機能強化ビジョン(素案)が示された。本会議においても警察が何らかの形を残せるように要望や忌憚のない意見をお願いします」旨の挨拶を行った。

議題

広島県警察機能強化ビジョン(案)の意見募集について

速度取締指針~交通課長が引続き国道2,375号線を重点に取組む旨説明した。

質疑

広島県警察機能強化ビジョン(案)の意見募集について

○音戸署と因島署の分庁舎化を検討する案に賛成である。ある程度人数を集約してパトロールなどニーズに応じた活動を行う方が良い。

○特殊詐欺について,あれだけテレビ等で流れているのになくならないのは何故かと疑問に思うが,高齢の母が車を運転する時にいつも「私は大丈夫」と言っている,それと同じではないかと感じる。

○地域住民は皆力強くて優しい警察を求めている。それには「人材力」の育成が一番だと思う。挫けない強い心を持つ警察官を育てて欲しい。

○人材力では,「啓発」と「検挙」の使い分けができる人材(時と場所によって空気が読める人材)を育成して欲しい。

○犯罪の多発に伴う防犯ビデオカメラの普及は重要である。

○県民と接しながらの職務,犯罪に対応~検挙を主とした職務
情報は大切,警察の常識が県民から見て非常識とならないようにすることが重要~「警察モニター制度」はつくれないのかと感じた。

○父兄会の夜間パトロールなどを他の地域等においても積極的に広げられればいい。

その他

会議後,施設見学(通信指令室,交通管制センター)へ署協議会員11名及び警察側の案内人(警務課長)と運転員(警務課員2名)が同行した。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。