ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 廿日市警察署 > 廿日市警察署 沿革

廿日市警察署 沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月26日更新

年月日

内容

明治 7年 4月廿日市警察署の前身である邏卒(巡査)を配置
明治 9年 4月廿日市屯所と改称
明治10年 7月広島警察署廿日市分署と改称
明治19年11月廿日市警察署に昇格
昭和10年11月現在廿日市警察署のある場所(廿日市市本町1番)に旧廿日市警察署庁舎完成
旧廿日市警察署
昭和23年 3月大野町,廿日市町,五日市町,宮島町に自治体警察署が設置される
昭和26年10月大野町,廿日市町,五日市町の自治体警察署が廃止され,佐伯地区警察署と合併
昭和29年 7月宮島警察署と合併,廿日市警察署と改称
昭和62年 9月

広島西警察署の新設により,広島市佐伯区を広島西警察署に移管(廿日市町,大野町,宮島町,佐伯町,湯来町,吉和村を管轄)

昭和63年 4月廿日市町が市制施行し、廿日市市が発足
昭和63年 8月現在の廿日市警察署庁舎完成。
現在の廿日市警察署
平成15年 3月佐伯町及び吉和村が廿日市市に編入合併(廿日市市,大野町,湯来町,宮島町を管轄)
平成17年 4月湯来町の広島市合併により,湯来町を広島西警察署に移管
平成17年11月大野町及び宮島町が廿日市市に編入合併(廿日市市全市を管轄)