ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 福山西警察署 > 平成28年度 第4回 福山西警察署協議会

平成28年度 第4回 福山西警察署協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月7日更新

開催日時

平成29年3月2日(木)午後4時00分~午後5時15分

開催場所

福山西警察署 3階講堂

出席者

委員側 中根会長以下 9人 
警察署側 署長以下 9人

会議内容

会長挨拶(骨子)

委員の任期6年を迎え,退任するにあたりお世話になりました。
2月1日に警察本部で開催された,警察署協議会連絡会で,警察への意見・提言に対する反映状況,警察活動の理解を深める活動について,代表警察署からの発表内容の報告がされた。

署長挨拶(骨子)

2月にマスコミ報道された,福山西署員の非違事案について。
暴力団排除の気運を盛り上げているところで,警察官が暴力団員と連絡のやりとりをしていたことは,許されないことであり,腹立たしく思う。
署員一丸となって職務に当たり,暴力団排除運動を進めていく。
ワークライフバランスの充実,来訪者に配慮した開放的雰囲気作りに向けて,職場環境の改善に取り組んでいる。

議題

【警察からの説明】
平成29年福山西警察署業務推進重点等について
○特殊詐欺被害の抑止について(生安課長)
◯交通死亡事故の抑止について(交通課長)

【意見聴取】
 (1)高齢者の年齢,及び表現について
【回答】今後は変わっていくと思うが現時点では65歳

(2)高齢者の適性検査についてについて
【回答】75歳から簡易の認知検査を行い,3月12日以降は結果による扱いが変わるので注意してください

(3)鞆町内の交通規制について
【回答】新たな規制をすることは困難と思われるが,交番勤務員等により事故防止対策を検討する

(4)刑法犯の発生結果の検証について
【回答】個別の検証はできていないが,引き続き犯罪抑止に向けた広報・啓発活動を推進していく

(5)交通取締の予告について
【回答】効果の検証は困難であるが,予告による抑止効果はあると思われる

(6)パトカーの巡回数の増加と犯罪発生の関係にいて
【回答】パトカーの巡回は犯罪抑止のみでなく,交通取締等もしている。判事発生・検挙の情報を可能な限り広報している

(7)犯罪の検挙率について
【回答】昨年の刑法犯検挙率は50%で,最も多かった犯罪は,侵入窃盗犯であった

(8)各地区での犯罪検挙情報について
【回答】各地区での個別状況や個人名を出しての広報は困難である

その他

協議会委員を退任する3名の委員に対して,警察署長から感謝状を贈呈した。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。