ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 平和・国際 > 国際平和拠点ひろしま構想 > 核兵器廃絶への取組 > 平成27年度「国際平和シンポジウム~核兵器の非人道性と安全保障を考える~」を開催します

平成27年度「国際平和シンポジウム~核兵器の非人道性と安全保障を考える~」を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月17日更新

広報ちらし画像 
 近年,核兵器廃絶へのアプローチを巡って,核兵器を持つ国と持たない国の間の溝が深まっています。今こそ,政府関係者や市民社会が一緒になって知恵を出し合い,核兵器廃絶への道筋を探る必要があります。
 このシンポジウムでは,被爆70年の節目の年に,広島に集った「ひろしまラウンドテーブル」と「核不拡散・核軍縮のためのアジア太平洋リーダーシップ・ネットワーク(APLN)」会議の参加者をお招きして,核軍縮を巡る現状や今後の展望などについて意見交換を行います。ぜひご参加いただき,核兵器廃絶に向けた具体的な取組について一緒に考えていきましょう。
(チラシは左の画像をクリックするか,下記「6 チラシ・参加申込書」からダウンロードできます。) 
≪入場無料。英語・日本語の同時通訳付き≫

1 開催日時

 平成27年8月9日(日曜日)15時15分から17時00分まで(開場14時45分)

2 開催場所

 広島国際会議場B2F 「コスモス」
(広島市中区中島町1-5 広島平和記念公園内)

3 主催

 広島県

4 出演者

冒頭あいさつ

湯崎英彦(広島県知事)

パネリスト

阿部信泰(内閣府原子力委員会委員,元国連事務次長(軍縮担当))
ギャレス・エバンス(オーストラリア国立大学学長,元オーストラリア外相)
沈丁立(復旦大学教授(中国))
藤原帰一(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

5 参加申込方法

原則として事前の申し込みが必要です。平成27年8月8日(土曜日)までに,氏名及び連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上,ファックス,メール,郵送,又は電子申請で申し込んでください。

パネリストへの質問がございましたら,併せてご記入ください。質問は当シンポジウムで紹介させていただくことがあります。

【申込先】
広島県地域政策局平和推進プロジェクト・チーム
Fax   082-228-1614
メール chiheiwa@pref.hiroshima.lg.jp
郵送 〒730-8511 広島市中区基町10-52
電子申請による参加申込はこちらから

6 チラシ・参加申込書

開催案内チラシ(参加申込書を含む) (PDFファイル)(830KB)
参加申込書 (Wordファイル)(58KB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ