ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

核兵器廃絶に関する取組

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月4日更新

1. 核兵器廃絶に関する広島県宣言

 人類史上最初の原子爆弾の惨禍を経験した本県の世界平和に果たす役割は大きいものがあると考え,核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現を県政の基本的な立脚点として位置づけてきた本県は,国際平和年を機に,昭和61年3月に県議会において「核兵器廃絶に関する広島県宣言」を全会一致で採択し,その趣旨を国の内外に広く伝えています。  

2. 核実験などに対する対応

 核保有国の核実験・臨界前核実験に対して,実験予告については中止要請を,実施については抗議文を送付するなど,核兵器は二度と使用されてはならないという本県の意見を訴えています。  

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ