ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

全国規模の障害者団体,障害者支援団体

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月9日更新

リンク先の内容については,直接ホームページを運営している団体にご確認ください。

目次

  1. 精神障害全般を対象とした団体
  2. アルコール,薬物その他アディクションを対象とした団体
  3. 高次脳機能障害を対象とした団体
  4. 思春期,ひきこもり,不登校など
  5. 児童虐待
  6. 認知症
  7. 自殺予防
  8. パニック障害
  9. 発達障害を対象とした団体
  10. 障害全般を対象とした団体
  11. 主に社会就労支援を目的とした団体 

精神障害全般を対象とした団体

NPO法人 ぜんせいれん(全国精神障害者団体連合会)

全国の仲間とともに精神障がい者が,精神障がい者のために,精神障がい者自身の要求や願いを分かち合い,その実現に向けて自分達が活動する当事者活動を,当事者の運営で展開していきます。

NPO法人 全国精神障害者地域生活支援協議会

作業所はかつて,利用できる社会資源もない中家族会・関係者を中心に設置が進められ,当事者,市民,ボランティアも活動に加わり,地域の障害者支援の拠点にも成長,作業所・グループホームなどが実践を互いに学び,それを一つの声として,国へ届ける仕組。 

NPO法人 全国精神障害者ネットワーク協議会

当事者が当事者のための活動を基本に当事者主権の地域づくりを目指す活動を行っています。 

ふっききょう 精神障害者社会復帰促進協会

精神障害者の社会参加と社会復帰を支援します。復帰協関連施設「ふれあいの里(援護寮,通所授産施設,地域生活支援センターの複合施設)」,精神障害者小規模授産施設「ひこうせん」を運営しています。

↑ページの先頭に戻る

アルコール,薬物などのアディクションを対象とした団体

アルコール,薬物などのアディクション

ASK NPO法人 アスク(アルコール薬物問題全国市民会議)

アルコールをはじめとする依存性薬物の問題を予防し,人々の健康の維持・増進及び回復に寄与することを目的としています。

AKK アディクション問題を考える会

アルコール,薬物,ギャンブル依存症,摂食障害,AC,家族内暴力,買い物依存症など。家族の生活,人間関係まで破壊してしまう嗜癖(アディクション)問題,社会に向かっての啓発,回復援助活動を行っている市民の会。

NPO法人 アパリ

薬物問題で苦しんでいる人たちを支援するNPO法人。アパリが誕生する原点にあるのは,薬物問題や苦しんでいる仲間やその家族に,薬物依存は回復できるんだ,というメッセージを伝えつづけていきたい。

Al-Anon アラノン家族グループ

アラノンは身近な人のアルコール(または薬物)の問題を抱えている家族と友人のあつまりです。自分達の自由な献金だけで自立している自助グループです。

アルコホーリクス・アノニマス AA

アルコホーリクス・アノニマスは,経験と力と希望を分かち合って共通する問題を解決し,ほかの人たちもアルコホリズムから回復するように手助けしたいという共同体である。

全日本断酒連盟

思い切って,最寄の断酒会を見学してみませんか。あなたと同じ悩みを解決し,酒のない楽しいライフスタイルを作った会員たちが,あなたを温かく迎えてくれます。

ナラノン

ナラノンの主な目的は,薬物依存症の問題で苦しんでいる家族や友人達を,同じ問題を抱えた仲間として,理解し,勇気づけ,暖かく迎え,そして安らぎを与えていくことです。

ナルコティクス・アノニマス NA

薬物によって大きな問題を抱えた仲間同士の非営利的な集まり。私たちは,互いに助け合い,クリーン(使わないで生きる)でいるために定期的に仲間と会うことによって回復しているアディクト(薬物依存症)。

薬物依存症からの回復支援団体 FREEDOM

私たちは,「薬物依存症は回復する病である」ことを確信し,薬物依存者には「処罰」だけでなく「回復の権利」が保障されるべきだと考えます。

リタリン問題を考える会 R.K.K

リタリンとは,塩酸メチルフェニデート(日本チバガイギーノバルティス)の商品名で,向精神薬です。
私たちはご家族や親しい人のリタリン問題でお困りのかたに,家族同士の協力や情報提供。

↑ページの先頭に戻る

その他のアディクション

アダルト・チルドレン・アノニマス ACA

ACA(アダルト・チルドレン・アノニマス)は,子どもの時期をアルコホリズムやその他の機能不全のある家庭で過ごした成人(アダルト・チャイルド),の自助グループです。

エモーションズ・アノニマス EA

EA(Emotins Anonymous)は,感情の問題を持つ人々のための自助グループです。AA(Alcoholics Anonymous)の12ステップを感情の問題に使ってみて,新しい生き方を見出したのです。

ギャマノン Gam-Anon

必要なのはただひとつ,脅迫的ギャンブラーに悩まされている自分自身に幸せがほしいという願いだけなのです。

GA日本,ギャンブラーズ・アノニマス,インフォメーションセンター

ギャンブラーズ・アノニマスは,経験と力と希望を分かち合って共通の問題を解決し,ギャンブルの問題から回復するように手助けしたいという男女の集まる共同体。

S-Anon

S-Anonファミリー・グループは,家族や友人(パートナー)等の性的な問題でどうしようもない状況に陥っている人たちの集まりです。

セックスアホーリクス・アノニマス

経験と力と希望を分かち合って共通の問題を解決し,他の人々も回復するように手助けしたい,という男女の仲間の集まり(自助グループ)です。

ママ・ネット

ママ・ネットは様々なアディクション(アルコール・薬・ギャンブル依存・sexaholic,食物への依存である摂食障害など)や,アダルトチャイルドの自覚がある「子持ち女性」の自助グループです。

リカバリー・サポート・ネットワーク

ぱちんこ依存問題相談機関「リカバリー・サポート・ネットワーク」では,無料の相談電話(ホットライン)を設置し,ご相談をお受けします。問題を整理し,問題解決に必要な相談機関や社会資源を紹介します。

NPO法人 ワンデーポート

ワンデーポートは日本で唯一の脅迫的ギャンブル(ギャンブル依存症)回復施設です。入寮施設もあり,全国各地から利用者が集まっています。

↑ページの先頭に戻る

高次脳機能障害

日本脳外傷友の会 JTBIA

1997年4月名古屋で初めて「脳外傷友の会・みずほ」が結成。半年後神奈川で「脳外傷友の会・ナナ」が結成。1999年に札幌で「脳外傷友の会・コロポックル」が結成され,同年この3つの会が脳損傷医療の先進国アメリカを視察。翌2000年4月,私たちも力をあわせ,情報を交換し,行政交渉を行い,さまざまな現在の不利益な状況を改善するために連合組織を結成しました。日本脳外傷友の会の誕生です。

↑ページの先頭に戻る

思春期,ひきこもり,不登校など

NPO法人 全国引きこもりKHJ親の会

現在ひきこもりの数は100万人を越えようとしています。その深さ,永さ,数の多さは一家庭の限界を超えた,現代の社会病理といえるでしょう。
ひきこもり本人たちに社会参加できる人生がやってくるのか?我々はそれをサポートしていきます。

↑ページの先頭に戻る

児童虐待

子どもの虐待防止センター

あなたからの電話をお待ちしています。相談には専門の電話相談員が応じています。
私たちは,子供の虐待を早期に発見し,虐待防止を援助するために設立された民間の団体です。虐待から子どもを守り,親への支援を行っています。

子どもの虹情報研修センター

わが国でも近年増加の一途にある児童虐待及び非行・暴力などの思春期問題は,子どもと家庭を取り巻く社会構造上の問題を鋭く映し出しています。子どもの虹情報センター(日本虐待・思春期問題情報研修センター)は,第一線の専門的援助者を養成し,また高度専門情報を集約・発信する拠点。

NPO法人 児童虐待防止協会

子供の虐待ホットライン。
あなたの電話で関係機関が連携をとり,その家庭に援助の手が届くことになります。

↑ページの先頭に戻る

認知症

認知症の人と家族の会(旧:呆け老人を抱える家族の会)

ぼけても安心して暮らせる社会をめざして。
呆け老人を抱える家族の会は,ぼけの人を抱える家族,専門職,ボランティアによる全国的な民間団体です。

↑ページの先頭に戻る

自殺予防

日本いのちの電話連盟

いのちの電話は誰にも相談することができず,ひとりで悩んでいる人のためのダイヤルです。
孤独の中にあって,時には精神的危機に直面し,自殺をはじめ助けと励ましを求めている一人一人と電話で対話します。

ライフリンク NPO法人 自殺対策支援センター

ライフリンクは,自殺予防と自死遺族への支援を含めた「自殺対策」の実践を通して,誰しもが「いのちの危機」にさらされることなく生きていける社会の実現を目指しています。

↑ページの先頭に戻る

パニック障害

NPO法人 全国パニック障害の会

パニック障害の治癒への努力を続けている患者の皆様のために,全国組織で活動を進めているパニック障害の患者の団体です。

↑ページの先頭に戻る

発達障害を対象とした団体

NPO法人 アスペ・エルデの会

「発達障害児・者」とその家族,関係者及び地域社会に対して,適切な療育,正しい知識の啓発,幸せな社会生活の場の提供に関する事業。「発達障害児・者」のよりよい成長,幸福な人生の創造。

エイブル・アート・ジャパン(旧:日本障害者芸術文化協会)

障害のある人たちのアートを「可能性の芸術」としてとらえ,生命力を失いつつある現代社会に生きる人たちが,アートを通して人間性を恢復させ,さらに芸術と社会の新しいコミュニティを築いていく市民芸術運動。

NPO法人 えじそんくらぶ

注意欠陥・多動性障害(AD/HD)の正しい理解の普及,AD/HDを持つ人々を支援,AD/HDを障害としてクローズアップするのではなく豊かな個性の一つとして長所を伸ばし弱点を克服できるよう支援。

NPO法人 EDGE

ディスレクシア知的に問題がなく,聴覚・視覚の知覚的機能は正常なのに,読み書きに関しては特徴のあるつまづきや学習の困難を示す症状をいいます。

自閉症児者を家族に持つ医師・歯科医師の会のホームページ AFD

自閉症の大変さが実感され,実証的に検討することが可能な集団が居れば,「どの話が意味あるものか?」指摘することが可能と考えたからです。 

全国LD(学習障害)親の会

LDの早期発見・早期療育を実現するために関係機関・諸団体への働きかけ,LDに対する理解を広めるための社会的啓蒙活動,全国LD親の会機開紙「かけはし」による各地の「親の会」との情報交換。

日本自閉症協会 ASJ

自閉症児者に関する研究・広報活動,緊急性の高い厚生科学研究を受託,行政及び関係機関と協力すると共に,機関紙「かがやき」及び「いとしご」の発行,および障害児者のトータルケアのためのハンドブックなどと啓発的な出版を企画実現。

日本発達障害ネットワーク JDD Net

自閉症,アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害,学習障害,注意欠陥多動性障害等の発達障害のある人・その家族に対する支援,発達障害に関する社会一般の理解向上,発達障害のある人の福祉の増進。

NPO法人 ハーモニー 高機能自閉症児を持つ親のサークル

高機能自閉症児を持つ親のサークルは,高機能自閉症・アスペルガー症候群のお子さんを持つ家族の情報交換の場を提供しています。

↑ページの先頭に戻る

障害全般を対象とした団体など

NPO法人 大阪障害者センター

大阪障害者センターは,1994年夏にオープンして以来,障害者・家族への総合相談をはじめ,各種情報提供・研究活動などを進めてきました。大阪市から生活支援事業の委託を受け2001年8月,鶴見区内に障害者支援センターを開設。

きょうされん(共作連) e-TOMO

障害のある人びとと関係者一人一人が大切にされる事業体として民主的な経営を目指します。
地域における共同の事業や運動を進め,障害のある人々が生きがいと誇りを持てる社会を目ざします。
障害のある人の夢ある明日をめざし,科学と創造の視点を大切にしながら団結して前進します。

NPO法人 障害者インターナショナル日本会議(DPI)

障害者本人(当事者)の集まり,障害の種別(精神障害・知的障害・身体障害など)を越えた集まり,人権の問題として,社会の問題として障害者問題を考える集まり。

障害者欠格条項をなくす会

もうやめよう!あれもダメ!これもダメ!
本会は,国内の法令・諸制度における障害者欠格条項をなくすことを最終的な目的としています。

障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会(障全協)

障全協は結成以来,4つの権利,生きる権利,学ぶ権利,働く権利,政治参加の権利の旗を高く掲げながら,「権利」としての施策の拡充を30年以上も訴え続け,その先頭に立って運動を進めています。

障害児を普通学校へ全国連絡会

障害があっても普通学校に行きたい,通わせたいという本人と親の思いに共感する全国のみなさんが,一人でも多くこの運動を強め,広げる仲間になってくだされば幸いです。

障害のある子どもの放課後保障全国連絡会(全国放課後連)

障害のある子供の放課後及び学校休業日における活動を発展させる運動を進め,障害のある子供の発達およびその家族への援助が保障されるようにすることを目的として活動している全国的な連絡会。

全国社会福祉協議会

全国の福祉関係者や福祉施設等事業者の連絡調整や,社会福祉のさまざまな制度改善に向けた取り組み,また社会福祉に関する図書・雑誌の刊行,福祉に関わる人材の養成・研修。

全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会(きょうだいの会)

私たちの会は,兄弟姉妹に障害者がいる人たちを中心にした会です。「障害を持つ兄弟姉妹(障害者)」の幸せをめざし,「障害のないきょうだい」の様々な課題の解決に向け活動しています。

全国自立生活センター協議会 CIL

自立生活センターは一定地域の障害者すべてに,障害種別を問わず総合的なサービスを提供します。現在 先進各国に自立生活センターが設立されています。

全日本手をつなぐ育成会

本会ができたきっかけは,3人のお母さんが,知的な障害のあるわが子の幸せを求めて,全国の仲間の親たちに,手をつなぎ施策の充実を求めようと呼びかけたことからです。その呼びかけに答えて,親や関係者が立ち上がり,47都道府県全てに手をつなぐ育成会が結成され,その連合体が「全日本手をつなぐ育成会」になりました。

当事者エンパワメントネットワーク(旧:市町村障害者生活支援事業全国連絡協議会)

当会は相談者の相談支援事業を実施する団体相互の連絡調整機関として,自己選択,自己決定という自立生活の理念の基で,身体・知的・精神等の障害当事者の「エンパワメント」を支援します。

日本障害者協議会 JD

障害の種別や立場,考えの違いを乗りこえ,障害のある人々の社会における「完全参加と平等」や「ノーマライゼーション」の理念を具体的に実現することを目的として,各種事業を全国的に展開しています。

日本障害フォーラム JDF

第二次「アジア太平洋障害者の十年」。わが国の障害者施策の推進,障害を持つ人の権利推進。

働く障害者の弁護団

働く障害者の弁護団は,障害を持ちながら現に働いている人,今働いていないが働きたいと思っている人,働いていて退職した人を弁護する弁護士の集まりです。

みんなのねがいWeb 全国障害者問題研究会

障害がどんなに重くても,人間としての発達の道を歩むことができます。誰もが憲法に定められた基本的権利を持っています。障害者の権利を守り,発達を保障するために,全障研は活動を続けています。

無年金障害者の会

私たちは,全ての無年金障害者の救済と,無年金障害者を生み出さない制度改正を目指して活動しています。

↑ページの先頭に戻る

主に社会就労を支援する団体

NPO法人 大阪障害者雇用支援ネットワーク

「大阪を障害者雇用日本一のまちに!」を挙げて,障害のある人の就労支援と雇用拡大を目的とした活動を行っている機関で,地域の障害のある人に対して就労の機会を拡大する事業を行っています。
働く意思を持つ障害のある方に,働くチャンスと働き続けられる環境をつくっていくことが私たちの仕事です。

高齢・障害者雇用支援機構

高齢者等の雇用促進のための給付金の支給,高齢者等の雇用に関する事業主への相談・援助,高齢期の職業生活設計に必要な助言・指導,障害者職業センターの設置運営,障害者職業能力開発校の運営,障害者雇用納付金関係業務。

障害者社会就労事業の総合コンサルタント ナチュラルサポート

授産施設や小規模作業所で働くことを「福祉的就労」と言います。施設は利用する方が自己実現をはかれる質の高い仕事や企業への就労への確実なステップを提供するサービスが求められます。また授産施設・小規模作業所は経済活動を行っており,その運用は特殊なものです。

ジョブコーチ・ネットワーク

「ジョブコーチ」をキーワードに集う人たちのネットワーク作りを目的とした組織です。日本全国で,あらゆる地域で,より多くの障害のある人が自分の持つ能力を最大限に生かし職場で働ける社会の実現へ向けて,できる限りの活動を展開するつもりです。

スワンベーカリー・アンド・カフェ

スワンベーカリーとは,「障害のある人もない人も,共に働き,共に生きていく社会の実現」,このノーマライゼーションの理念を実現させるために設立した株式会社です。

全国社会就労センター協議会 SELP

全国の社会就労センターの組織化,厚生労働省と連携をとりながら障害者福祉や社会就労センターにかかる制度,政策的な事項や年度ごとの国家予算等に対する要望活動,また社会就労センターの向上を目指した各種大会・研修会の実施および調査活動,社会就労センターのPR活動等を行っています。

全国重度障害者雇用事業所協会(全重協)

「全重協」は,重度障害者等の雇用の促進及び職業定着の促進を図るため,調査研究,事業所・社会福祉機関・学校・家庭・その他関係団体に対する情報の提供及び啓発並びに相談援助等を行います。

ゼンコロ ZENCOLO

ゼンコロは,1961年創立以来,「開拓者の心」を基本姿勢に,「完全参加と平等」の実現のため積極的に運動を続けています。現在,全国12の社会福祉法人で構成され,50を超える施設に3,400余人の障害者と健常者が共に働いています。

東京コロニー職能開発室

通信ネットワークの拡大や高度な情報機器の普及により,通勤が困難な重度の障害を持っている人でも,在宅で仕事をすることが可能になってきています。私たちは,障害のある方の「働きたい」という思いを,教育・雇用支援・就労支援の3つの事業を柱にサポートしています。

NPO法人 日本セルプセンター

車の両輪として全国の社会就労センター等の組織化,事業振興を目的とした各種大会・研修会の実施および調査活動,社会就労センターのPRおよび生産された商品の共同受注の確保,共同仕入れ等の共同事業に取り組んでいます。

日本チャリティプレート協会

障害者の社会的自立思想を普及し,障害者の福祉の向上をはかることを目的とした民間の福祉団体。主な事業は,日本で初めてのコンピュータを主とする職業訓練等で,わが国において先駆的な役割を果たしています。

ハローワークインターネットサービス

求人情報検索,お役立ち情報・仕事をお探しの方,お役立ち情報・事業主の方,ハローワーク所在地情報。

↑ページの先頭に戻る

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。