ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 親子コミひろしまネット > 親子で遊ぼう!~木のお友達をつくろう~

親子で遊ぼう!~木のお友達をつくろう~

木のお友達をつくろう(クラフト)

 公園などの身近な自然からもらった木切れや葉っぱで人形を作ります。

 身近にある小枝などに自分自身で創意工夫しながら顔や服をつけて擬人化した「木のお友達」を生み出すことで,豊かな想像力や感性が育まれるかもしれません。

遊び方

1 作ってみたい気持ちを高める。
 「木のお友達」(下の写真参照)や,木にマジックで顔を書いて,子供に見せ,
「僕のお友達を作って」「葉っぱで洋服を作ろう」などと声掛けすることで,
作成意欲を高めるとともに,作り方や完成品をイメージさせる。
完成イメージ

 

 

 

 

 

 


2 材料を集める。
 公園などの身近な自然で,木切れや葉っぱなどの材料を拾ってくる。
 接着剤やマジック,そのほか「木のお友達」を作成するためにあれば良い材料を家の中から集める。
材料集め

3 「木のお友達」を作ってみる。
 子供の創造性や作成イメージを大切に,材料の組み合わせなどを楽しみながら「木のお友達」づくりをする。
作品作り

4 完成した人形で遊ぶ。
 名前を付ける,人形遊びをする,家族に紹介する,棚に飾るなどして遊ぶ。
 自分で作った物には特別な愛着があるため,お家に飾って,作品をふりかえってみたり,
季節によって服を替えるなど,継続して楽しむ。

<準備物>
自然物(木切れ,葉っぱ,木の実,花びらなど),ボンド,両面テープ,余り布,綿,マジック,動眼(人形用の目)など。
 ※自然物は公園や道ばたなどで探してみてください。
 ※全ての準備物をそろえなくても,ある材料で作成することを楽しんでください。

ポイント

お子さんと遊ばれる際に,次のことを意識してみてください。

☆ 材料集めも遊びのひとつです。においや手触りなど諸感覚を使うことを意識した声掛けをしながら,親子で「宝物探し」をする感覚で楽しみましょう。
☆ 作品の完成が目的ではなく,作品づくりを通して自然への親しみを感じたり,お子さんの自由な発想を楽しんだりしましょう。
☆ 親子で一緒に手作りとおしゃべりを楽しみましょう。

留意点

 自然の中で活動する時は,長袖シャツ・長ズボン・帽子・靴下・運動靴を身に着け,
ケガや虫刺され,熱中症を予防しましょう!

【プログラム監修】
NPO法人 ほしはら山のがっこう http://www.hoshihara.org/

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。