ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 農業制度資金 > 農業経営負担軽減支援資金

農業経営負担軽減支援資金

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

概略

農業者が,経営環境の変化に伴う農業経営の後退を防ぐため,既往借入金の借換えなどに必要な資金の融資を受けることができます。

借入対象者

  • ・現に元金・利息の支払に支障を来たしている農業を営む者(個人・法人)
  • ・元金・利息の支払に支障を来たす見込みがある農業を営む者(個人・法人)

資金使途

  • ・農業制度資金(農業近代化資金,農業改良資金,(株)日本政策金融公庫の資金など)から生じた負債の整理に必要な資金(貸付利率5.0%以上)
  • ・これ以外の農業資金から生じた負債の整理に必要な資金

広島県農業振興資金(広島県独自資金)から生じた負債の整理に必要な資金は,貸付対象にはなりません。

借入限度額

借入対象となった負債の約定元金及び利息の支払相当額

借入金利

借入期間に応じた固定金利(借入時の金利)

現在の金利は,農業制度資金金利一覧表を参照してください。

農業経営負担軽減支援資金は,広島県から融資機関に対して利子補給を行いますので,借入対象者は利子補給分を差し引いた金利で借り入れることになります。

償還期限

 10年以内(うち据置期間3年以内)

償還方法

元金均等返済

返済回数は原則毎年12月20日の年1回となります。

担保・保証

原則として不要

無担保・無保証人制度が適用され,広島県農業信用基金協会の保証を受けることになります(保証料は年0.50~0.97%の一括前払)。

取扱融資機関

JAや銀行など(広島県と利子補給契約を締結している融資機関)となります。

借入手続

 借入手続は,融資機関の審査のみでなく,広島県農業信用基金協会の保証に係る審査及び経営検討会の開催も必要としますので,通常二ヵ月以上を要します。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。