ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 高齢者・障害者福祉等 > 認知症・虐待防止対策 > 認知症対策 > 平成24年度認知症サポート医フォローアップ研修実施報告

平成24年度認知症サポート医フォローアップ研修実施報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新

 広島県では,かかりつけ医への助言を行い,地域の関係機関との連携役となる「認知症サポート医」の機能強化を図ることを目的として,認知症サポート医養成研修修了者を対象としたフォローアップ研修を平成22~24年度の3年間実施しました。

 平成24年度は,より効果的な研修会とするために,広島市が実施する研修と連携して,一体的な内容を企画・開催することとし,認知症の最新医療情報に関する講義や討論会などを開催しました。

平成24年度研修の概要

実施主体

第1回(H24.9.2):広島県(広島県医師会へ委託)
第2回(H25.1.27):広島市・広島県医師会

研修対象者

広島県内の医療機関に勤務又は開業している認知症サポート医(協力医を含む。)

目的

○地域における認知症の人への地域支援体制の充実・強化
○地域における認知症サポート医等の連携強化

参加者数 (市町担当者等を含む。)

第1回(県主催):82人
第2回(市主催):88人

研修内容

■第1回研修会(H24.9.2 場所:広島市男女共同参画推進センター)

日時

テーマ(所要時間)

講師等(敬称略)

H24.9.2(日)

13:00~16:30

【講義】介護保険制度の改正と認知症の方を支える医療介護の連携について(50分)

NPO法人広島県介護支援専門員協会

理事長    荒木 和美

【講義】認知症の最新医療情報(20分)

広島大学大学院地域医療教育センター 

講師 宮地 隆史

【総合討論】 地域医療連携による困難事例への対応(120分)

広島大学原爆放射線医科学研究所

分子疫学 准教授 丸山 博文

広島大学大学院地域医療教育センター

講師 宮地 隆史

■第2回研修会(H25.1.27 場所:リーガロイヤルホテル広島)

テーマ(所要時間)

講師等(敬称略)

H25.1.27(日)

13:00~16:35

【講義】認知症サポート医の役割と今後の活動(40分)

広島大学原爆放射線医科学研究所

分子疫学 准教授 丸山 博文

【話題提供】市町・包括連携事例報告(20分)

広島市認知症地域支援推進員

岡田 眞理

【総合討論】サポート医と市町・包括との連携(130分)

広島大学原爆放射線医科学研究所

分子疫学 准教授 丸山 博文

国立病院機構 柳井医療センター

副院長   宮地 隆史

ワンポイントアドバイス各研修資料等は報告書(【ダウンロードファイル】参照)からご覧いただくことができます。  

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。