ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

平成30年度「認知症介護指導者養成研修」の募集案内

印刷用ページを表示する掲載日2018年3月9日
 認知症介護研究・研修仙台センター(以下「センター」という。)による認知症介護指導者養成研修が次のとおり実施されます。
 研修の受講を希望する場合は,必要書類を,該当する提出先に提出してください。

1 研修の実施機関
 社会福祉法人東北福祉会 
 認知症介護研究・研修仙台センター
 〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ケ丘六丁目149-1
 電話022-303-7550 Fax022-303-7570

2 研修のねらい
 認知症介護基礎研修及び認知症介護実践研修を企画・立案し,講義,演習,実習を担当できる能力を身につけるとともに,介護保険施設・事業者等における介護の質の改善について指導することができる者を養成する。

3 対象者
 次の(1)から(5)の要件を満たし,認知症介護指導者養成研修対象者として現に勤務している介護保険施設・事業者等の長が適当と認め推薦する者に対し,センターが実施する認知症介護指導者養成研修対象者選抜考査の結果,研修対象者としてセンター長が認めた者

(1)医師,保健師,助産師,看護師,准看護師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,社会福祉士,介護福祉士若しくは精神保健福祉士のいずれかの資格を有する者又はこれに準ずる者
(2)次のいずれかに該当する者であって,相当の介護実務経験を有する者
 (ア)介護保険施設・事業者等に従事している者(過去において介護保険施設・事業者等に従事していた者も含む。)
 (イ)福祉系大学や養成学校等で指導的立場にある者
 (ウ)民間企業で認知症介護の教育に携わる者
(3)認知症介護実践リーダー研修又は痴呆介護実務者研修専門課程を修了した者
(4)認知症介護基礎研修又は認知症介護実践研修の企画・立案に参画し,又は講師として従事することが予定されている者
(5)地域ケアを推進する役割を担うことが見込まれている者
※以上の要件を満たす者を対象とするが,特に認知症の人の地域全体の介護サービスの向上を目的とする本研修の趣旨にかんがみ,研修修了後には,認知症介護指導者としての役割(認知症介護に関する研修の企画・立案,講義,演習,実習を担当すること。)を担うことに同意した者であること。また,推薦者は,被推薦者が同役割を担うことについて理解した上で選定に留意すること。
 
4 日程
(第1回)
 前期研修 平成30年6月4日(月曜日)~6月22日(金曜日)
 職場研修 平成30年6月25日(月曜日)~7月20日(金曜日)
 後期研修 平成30年7月23日(月曜日)~8月3日(金曜日)
(第2回)
 前期研修 平成30年8月27日(月曜日)~9月14日(金曜日)
 職場研修 平成30年9月17日(月曜日)~10月12日(金曜日)
 後期研修 平成30年10月15日(月曜日)~10月26日(金曜日)
 
5 研修内容
 「平成30年度募集要項」の4を参照
 
6 受講料など
 受講料230,000円
 ※別に教材費,宿泊費などが必要
 ※受講に係る経費はすべて自己負担
 
7 必要書類(各1部)
(1)受講申込書(別紙様式1)
(2)認知症介護指導者養成研修に係る推薦書(別紙様式2)
(3)認知症介護実践リーダー研修または痴呆介護実務者研修専門課程修了書の写し
(4)受講者選抜考査のための実践事例報告に関する提出書類(別紙様式3)
 
8 提出期限
 平成30年3月28日(水曜日)厳守
 
9 提出先
(1)介護保険事業者のうち地域密着型サービス関連事業者の長が推薦する者
→所管の市町担当課
(2)(1)以外の介護保険施設・事業者等の長が推薦する者
→広島県健康福祉局地域包括ケア・高齢者支援課
 〒730-8511 広島市中区基町10-52
 電話082-513-3201

平成30年度認知症介護指導者養成研修受講申込みについて

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする